2014 年 9 月 30 日

歯科医には超貴重?ブドウの搾りかすから骨充填剤を生成。

English: Fresh red grape marc from a winery in...

English: Fresh red grape marc from a winery in the Barossa Valley, South Australia, held in hands to show scale. (Photo credit: Wikipedia)

ワイン醸造廃棄物(ブドウの搾りかす)が骨の再成長を促進する-。先日開かれた科学会議『Vino e Innovazione(ワインとイノヴェーション)』において、アスティにある研究機関Nobil Bio Ricercheで研究に携わる化学者マルコ・モッラ氏が、ワイン醸造廃棄物が骨の再生を促進することを発表。現時点で実験的に確認されているとしている。

【続きを読む】


2014 年 5 月 16 日

【米研究】人間は1兆もの匂いを嗅ぎわけることができる?

English: Triangle Odor Bag Method (1) Polski: ...

English: Triangle Odor Bag Method (1) Polski: Triangle Odor Bag Method (1) (Photo credit: Wikipedia)

バラ、フレッシュコーヒー、炭火。これらは人間の鼻と脳が嗅ぎわけることができる香りのなかのわずか3つだ。最新の研究によると、人間は約1兆もの香りをかぎわけることができるのだという。これまで人間は約1万種類もの香りを感じることができると言われてきたが、これについては正確なテストが行われたわけではなかった。

【続きを読む】


2014 年 1 月 23 日

【豪】風味を損なわずアルコール濃度を減らす酵母が発見

A close up picture of ripening wine grapes. Th...

A close up picture of ripening wine grapes. The light white “dusting” is a film that also contains wild yeasts. (Photo credit: Wikipedia)

オーストラリアワイン研究所の研究チームは、風味を損なうことなくアルコール度数の低いワインを作ることを可能にする特殊な酵母を特定した。 研究者らによると、ワインのアルコール濃度は過去10~15年間で12%から15%以上と次第に上がってきているという。またアルコール度の上昇により、ワインのアロマや風味の強さが損なわれてしまう。健康問題に加え、税金(いくつかの国ではアルコール含有量により税金をかけている)の問題等もあることから、アルコール含有量を下げるというアプローチが求められてきた。

【続きを読む】


2014 年 1 月 20 日

【英研究】ワインとチョコで糖尿病の発症を抑制

At San Diego Bay Wine & Food Festival.

At San Diego Bay Wine & Food Festival. (Photo credit: Wikipedia)

イギリスのイースト・アングリア大学とキングス・カレッジ・ロンドンの研究者らによると、ベリー類、お茶、チョコレートに含まれるフラボノイドを多く摂取することで、二型糖尿病を予防できる効果があるという。この研究結果は今日付けのJournal of Nutritionに掲載された。

【続きを読む】


2013 年 9 月 20 日

大阪大学研究:ブショネの原因はTCA自体の匂いではなく、TCAが嗅覚が乱すために起こる

Sommelier pulling the cork from a bottle of wine

Sommelier pulling the cork from a bottle of wine (Photo credit: Wikipedia)

コルク栓の味、においの原因となる化学物質はTCA(トリクロロアニソール)であることは以前から知られている。この物質を持ち込むのはコルクガシ内で成長することのあるキノコ(ナラタケ)で、今日まで研究者の間ではTCAがブショネと呼ばれる不快な香りを生み出す原因であり、一般的にはカビの味、匂いであるとされてきた。

しかし今回、大阪大学の研究グループは、ブショネのワインは化学物質TCAが不快な香りを生むのではなく、飲む人の嗅覚を乱すからだという、これまでとは異なる結果を示した。

【続きを読む】


2013 年 8 月 20 日

赤ワインに含まれる新たな23の分子が発見。老化に伴う疾患に効果か。

Ball-and-stick model of the resveratrol molecu...

Ball-and-stick model of the resveratrol molecule, a stilbenoid that is controvercially speculated to have anti-carcer and anti-aging properties. (Photo credit: Wikipedia)

カナダオカナガン大学、オーストラリアアデレード大学の化学者らが、ブドウに含まれるスチルベノイドと呼ばれるスチルベン誘導体に新たな23の分子を発見した。これらの分子は年齢に関係するいくつかの疾患に有効であるという。

【続きを読む】


2013 年 5 月 31 日

【研究】気候変動がワイン生産を脅かす

Photo: Cephas Picture Library/Alamy/Alamy

最新の研究によると、現在の伝統的なワイン生産地は将来、気候変動の影響で3分の2が失われるという予測が発表された。

この研究では、フランスのボルドー、ローヌ地域、イタリアのトスカーナ、カリフォルニアのナパバレー、チリといった主要なワイン生産地域では、温暖化の影響でブドウの栽培が難しくなり、2050年までにワイン生産量が急激に減少すると予測している。

【続きを読む】

次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.