2012 年 3 月 1 日

世界のロゼワイン消費17%増。プーリアでは初のロゼワインコンクールが開催。

Rose Wine

Rose Wine (Photo credit: Blazey)

ロゼワインの人気が世界で高まっている。過去8年間で消費量は17%増え、2010年は2,240万ヘクトリットルに達した。イタリアはフランスに続き、ロゼワインの生産量、額ともに世界第二位となっている。この傾向を受け、プーリア州はイタリア農林政策省の後援で、ロゼワインに特化した初のコンクール『Concorso enologico nazionale dei vini rosati d’Italia(イタリアロゼワインコンクール)』の開催を決定した。

【続きを読む】


2012 年 1 月 27 日

プーリア州、イタリア国内初のロゼワインコンクールを開催

Rosé Mon amour!

Image by Undiwine via Flickr

ロゼワインの人気はイタリアのみならず世界中で高まっているが、今回プーリア州が第1回イタリアロゼワインコンクールを開催することが決定した。

このコンクールはAssoenologi(ワイン醸造専門技術者協会)、Accademia italiana della Vite e del Vino(イタリアブドウ・ワインアカデミー)、Unioncamere(イタリア商工会議所)と協同で開かれるこのコンクールの目的は、イタリアで伝統的に生産されているロゼワインというカテゴリーにおいて、素晴らしいワインに評価を与えていくことにある。実際、ヨーロッパ圏内ではロゼワインの75%を生産しており、イタリアにおける生産量は450万ヘクトリットルで、フランスに続き2位となっている。

プーリア州のステファーノ評議員は「今回初めてロゼワインに特化したコンクールを考案・企画できたことを誇らしく思っている。ロゼワインはこれまで多くの称賛を受けており、今後国内外でプーリア州の、イタリアのロゼワインを主役にしていきたい。」と語った。

Source : teleradioerre


2011 年 12 月 2 日

醸造・瓶詰関連機器見本市SIMEIで、卵型樽に注目集まる

Uovo di-vino

Image by starpier via Flickr

先月ミラノで開催されたワイン醸造、瓶詰関連機器の国際見本市SIMEIで、ボルドーのFoudrerie Francois社が展示した卵型の発酵樽に大きな注目が集まった。同社の最高責任者であるLaurent Lacroix氏は、この異例なデザインがワイン醸造にどのような関係があり、どんな利点があるのか、など多くの質問の対応に追われた。

【続きを読む】


2011 年 11 月 28 日

伊の有名ワイナリーが集う協会Grandi Marchiが東京でイベントを開催。

寿司にカンパーニア州の白ワイン、鶏唐揚げにピエモンテ州のワイン、天丼にヴェネト州やトレンティーノのワイン-。ガイヤやアンティノーリ、マストロベラルディーノ、ウマーニ・ロンキなどイタリアを代表する19のワイナリーが参加し、世界にむけたイタリアワインのプロモーション活動を行う協会Grandi Marchi(グランディ・マルキ)が24日、東京のイタリア大使館で日本の食とイタリアワインを合わせたテイスティングイベントを行った。

【続きを読む】


2011 年 9 月 5 日

米有名ワイン誌Wine SpectatorがVinitaly 2012でイベント開催。

Vinitaly 2011

Image by br1dotcom via Flickr

アメリカの有名ワイン雑誌Wine Spectatorが、2012年のVinitaly(ヴィーニタリー)でイタリアで初めてとなるテイスティングイベントを開催する。

これはVinitalyを主催するVeronafiereのマントヴァーニ代表が明らかにしたもので、イタリア国内で選び抜かれた、およそ100のワイナリーのワインをテイスティングできるという。来年のVinitaly開催は3月25日から28日までで、イベントの幕開けを飾るビッグイベントとなりそうだ。

Source : WineNews


2011 年 4 月 29 日

Vinitaly Japan 2010 ビデオ公開

Vinitaly(ヴィニタリー)が世界各地で行っているプロモーション&ビジネスイベントVinitaly in the World。2010年を締めくくったVinitaly JapanのビデオがようやくYoutubeで公開された。

ビデオの中では、代官山のEATALYで開催された試飲会の様子も紹介されている。テーマは『歴史を変えた6つのワイナリー』。Fazi Battagliaの“Verdicchio Titulus”、ZoninグループのワイナリーTenuta Ca’ Bolaniの“Aquilis”、Lungarottiの“Vigna Monticchio”、Castello Banfiの“Brunello Poggio all’Oro”、Marchesi de’ Frescobaldiの“Mormoreto”、Masiの“Amarone Costasera”をはじめとするワインが出そろった。

Source : Cività del bere


2011 年 4 月 12 日

Vinitaly2011閉幕。

今年で45回目を迎えるワインの祭典Vinitaly(ヴィニタリー)が11日に閉幕した。今回の来場者は156,000人で、うちイタリア国外からが48,000人以上。これは2010年と比較して3%増の数字で、特にワインビジネス関係者は前年比10%増という伸びを示した。

来場者の多かったのは国別にドイツ、アメリカ、カナダ、イギリス、スイス、フランス、オーストリア、東ヨーロッパ各国、ロシア、中国、香港だった。イタリア国外からのワイン関係者の参加数は世界各国で増えているという。また震災で大きな被害を受けた日本からもバイヤーが参加した。現在Vinitalyは日本のための特別な企画を準備中である。

Source : WineNews

« 前ページへ次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.