2009 年 5 月 13 日

ロバート・パーカーThe Wine Advocate最新号:イタリア中南部ワイン評価

その評価が世界のワイン市場を左右するとも言われる“The Wine Advocate”。ワインの権威ロバート・パーカーが発行するワイン評価のニュースレターだ。今回の最新版では、イタリア中部・南部のワイン447種類が試飲され、中でもトップ10の中にサルデーニャ州のワインが4本選出されているのが興味深い。1位には97ポイントを獲得したカンパニア州のワイナリー、ファットリア・ガラルディ(Fattoria Garaldi)の『テッレ・ディ・ラヴォーロ(Terra di Lavoro)2006』、2位にはシチリア州のワイナリー、パッソピシャーロ(Passopisciaro)の『フランケッティ(Franchetti)2006』(97ポイント)、3位にはサルデーニャ州のワイナリー、デットーリ(Dettori)の赤ワイン『デットーリ(Dettori)2005』(96ポイント)が選ばれた。

【続きを読む】


2008 年 11 月 18 日

グラフで見るイタリアワイン輸出。

イタリアワインの2008年上半期の輸出データが公開されました。全体的に見て、昨年同月と比べ輸出量が増えており、イタリア全体では6.1%のプラス成長となりました。特に南部では、バジリカータ州の輸出額は減っているものの、カラブリア州、カンパーニャ州、サルデーニャ州などが15%を超える伸びを見せました。

【続きを読む】


2008 年 10 月 4 日

Vini d’Italia 2009 : トレ・ビッキエーリ獲得ワイン (2) – サルデーニャ州

サルデーニャ州のトレ・ビッキエーリ獲得ワインが発表になりました。

【続きを読む】

« 前ページへ

Produced by ©Alphanet s.r.l.