2008 年 12 月 17 日

イタリア人がもらってうれしいクリスマスプレゼントは?

Filed under: その他 — vinovinovino.com @ 11:08 AM

イタリア最大の農業団体Coldirettiがオンラインで行ったアンケートでクリスマスにもらって嬉しいプレゼントを調査したところ、実に全体の3/2である64%が『ワインや食品などのクリスマスバスケット』と回答した。続いて、自分の欲しいものが買える『現金』(17%)、『洋服』(11%)、『新しい電化製品』(9%)という結果になった。

クリスマスバスケット現在、イタリア国内にある原産地呼称の食品(DOP・IGP)は174種類、地域で指定されている地元特産物は4,000種類以上、原産地呼称ワイン(DOCG、DOP、IGT)の数は477種類で、その選択肢は非常に幅広い。2008年のクリスマス商戦の予測では、原産地呼称のついた商品を買う人の割合が8%増加の28%、次いでオーガニック食品(23%)となっている。

Confcommercio(商業同盟)では、今年のクリスマスでイタリア人が家族との食事やプレゼントなどで消費する食品や飲料の割合は1.8%伸びると予測しており、売上高は約20億ユーロ(およそ1,500億円)がみこまれている。

食品のプレゼントで喜ばれるのは、伝統的なクリスマスバスケットで、価格はその中身によって20ユーロ台から100ユーロ台までと幅広い。しかしColdirettiによると、2008年の新しい傾向として地元でつくられたものを買うということがあげられるという。遠方のものを買えば、その輸送時に地球温暖化を加速させるガスを増やすことになる。地元のものであればその発生率が抑えられるというエコな取り組みだとしている。

 ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.