2013 年 11 月 6 日

世界の人気ワイン生産地トップ10(米ハフィントンポスト調べ)

Filed under: 海外,調査 — vinovinovino.com @ 12:55 PM
Vineyard growing in the Canadian wine region o...

Vineyard growing in the Canadian wine region of the Okanagan Valley in British Columbia (Photo credit: Wikipedia)

ワインの生産地訪問は、ワインのテイスティングに留まらず、より広範囲なものになってきている。ここ10年で急激に伸びているワイン観光。世界中の多くのワイナリーでは、畑の見えるきれいなテイスティングルーム、ワイナリー訪問後にテイスティングを含めたディナーなど、訪問者により充実したサービスを提供するようになってきている。そんななか、世界で最も人気のワイン生産地をアメリカのニュースメディア『ハフィントン・ポスト』が調査した。

アメリカでの調査ということもあるのかトップ10のうち4つはアメリカの生産地だが、そのなかでも伝統の生産地であるヨーロッパの国が3か所(フランス2位、イタリア6位、スペイン9位)ランクインしている。

世界の人気ワイン観光地(アメリカ版ハフィントン・ポスト調べ)

1 – オカナガン・ヴァレー:ブリティッシュコロンビア州(カナダ)
2 – ボルドー (フランス)
3 – フィンガーレイクス:ニューヨーク州(アメリカ)
4 – メンドーサ (アルゼンチン)
5 – ウィラメット・ヴァレー:オレゴン州(アメリカ)
6 – トスカーナ (イタリア)
7 – ケープタウン (南アフリカ)
8 – ナパ、ソノマ:カリフォルニア州(アメリカ)
9 – バルセロナ (スペイン)
10 – ヤラ・ヴァレー:ビクトリア州(オーストラリア)

Source: WineNews

 , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.