2014 年 7 月 24 日

サザビーズがネットオークションでeBayと提携

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 3:28 PM
Sotheby's office in New Bond Street, London

Sotheby’s office in New Bond Street, London (Photo credit: Wikipedia)

常に進歩し続ける技術。それに遅れをとることは、重要な市場でのチャンスを失うことにもなりかねない。270年の歴史を持つ世界最古の国際競売会サザビーズも例外ではない。この度サザビーズは、ネットオークションで世界最多の利用者を誇るeBayとの提携を発表。8月からeBay内にサザビーズのセクションを設け、美術・芸術品、骨董品、古書、宝飾品、高級ワインなどを出品。またライブ配信も行い、世界中からの入札を可能にするという。

同社のCOO、ブルーノ・ヴィンチグエッラ氏は「新世代のテクノロジーを利用することは大きな強みとなり、インターネットが美術市場にもたらすチャンスは広がる。eBayとの提携により、世界中のより多くの人々が我々のオークションに参加しやすくなるだろう。」と述べた。

サザビーズの通信部門責任者のAndrew Gullyさんは、今回の提携がもたらすポテンシャルについて「ネットへの参加で、非常に多くのコレクターが我々のオークションへアクセスしやすくなる。例えばもしeBayのアクティブユーザーの1%が我々のオークションに関心をもってくれたなら、我々は145万人の顧客を得ることになる。」と語った。すでにオンラインオークションを開催しているクリスティーズでは、2013年のオンライン落札者の45%が新規顧客だった。

2013年、アメリカでの高級ワインオークションの落札総額は7300万ドル(約74億円)。世界の美術品の売上高650億ドル(約6兆6千億円)と比べると微々たるものではあるが、今後サザビーズでは高級ワインもさらに売上を伸ばしていきたい考えだ。

Source: WineNews

 , , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.