2008 年 6 月 16 日

スペインのノンアルコールワインが2009年に発売予定。

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 9:33 AM

運転をする人、健康上の問題、宗教的理由、またアルコールがもともと飲むことができない人たちなども楽しむことができる、新しいノンアルコールワインがスペインで開発中だ。モスカートを使ってつくられるこの“Penedès Natureo”は、ワインをベースとしながらもアルコール度数わずか0.5%のノンアルコール飲料である。

2009年の発売にむけ現在は試作の段階であるが、予定されている価格は6ユーロ程度、187.5ml、375ml、750mlの大きさのボトルで販売され、販売量はわずか7,900リットルに限定されている。これは、Natureoが開発に2年という歳月をかけた結晶であり、その品質が確かなものであるときにのみ市場投入をするという考えに基づいているためだという。Natureoの生みの親であり、スペインのワイナリーBotega Torresの技術責任者でもあるMireira Torers Maczassek氏はNatureoをつくるため、現在あるPenedèsの生産施設を利用し、アルコール分を飛ばし、モスカート(Moscatel del Alejandria)の香りの成分を戻すという“Spinning Cone Column”と呼ばれる遠心装置にかける方法をとっている。

Natureoは淡く麦藁色がかった黄色をしており、糖分と酸味のバランスがとれた、果実のアロマを感じる“ワインのような”ノンアルコールワインだ。

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.