2009 年 8 月 11 日

ドンナフガータで夜の収穫始まる。

Filed under: シチリア — vinovinovino.com @ 10:32 AM

シチリアの有名ワイナリー『ドンナフガータ』で昨晩からシャルドネの収穫が始まった。数週間前までは収穫時期の予測はできておらず、8月15日以降になるとみられていた。

夜の収穫は1998年からブドウの品質を守る技術としてドンナフガータが行っているもので、収穫が行われるたびにその効果が明らかとなっている。気温が高いシチリアでは、8月の昼間に収穫を行うと、収穫したブドウにミクロ発酵が起こってしまうが、夜に収穫を行えばその危険性を減らすことができる。夜は気温が下がって涼しくなり、収穫されたブドウは完全な状態でカンティーナまで運ばれる。しかし、ブドウの品質レベルを守ること以外にも、夜の収穫で得られる利点がある。収穫作業を行う人たちにとっては、暑い昼間に行うよりも作業への負担が軽減され、圧搾前にブドウの温度を下げる段階でのエネルギーも節約することができる。

 ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.