2008 年 7 月 15 日

伊勢丹とVinitaly、パートナーシップを2010年まで延長。

Filed under: その他,海外 — vinovinovino.com @ 10:56 AM

伊勢丹で販売された昨年のVinitalyの受賞ワインの売り上げは、わずか1週間でおよそ42万ユーロ(約7,000万円)。イタリアにとって日本はもはや基準点となる市場である。

伊勢丹イタリアのマネージャーである岩村氏は『イタリアワインは日本人にとても人気がありますが、様々な種類を理解し選別するのは簡単ではありません。日本の消費者は情報を得ることを好み、また健康への影響や商品の透明性などに敏感です。』と語る。『ヴィニタリーとのパートナーシップは2008年から2010年までの2年間、さらに延長されました。伊勢丹で販売されるワインは、ヴィニタリーという国際的にもその評価を保証されたものであり、これは購入の決め手となります。』

日本に40件、海外にも10を超える店舗を展開している伊勢丹は、東京の中心にある新宿店にワインショップを設けている。2007年のワインショップでの売上はおよそ12憶円、そのうちの約20%がイタリアワインとなっている。

来る11月17日、東京のホテル・ニューオータニで『第3回ヴィニタリー・ジャパン』が開催される。日本市場では2007年、イタリアワインの販売量は1.2%の伸びを見せた。これはトップのフランスに次ぐもので、3位はアメリカとなっている。

 ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.