2009 年 9 月 9 日

イタリアのスプマンテ生産本数、シャンパンを抜く

Filed under: その他,海外 — vinovinovino.com @ 11:05 AM

スプマンテイタリアのスプマンテの生産本数が、フランスのシャンパンの生産本数を超えた。数で見ると、スプマンテが3憶2,800万本、シャンパンが2億6千万本である。これはスプマンテが、スパークリングワインのシンボルともいえるシャンパンを初めて追い抜いた形だ。

9月3日、ウォールストリートジャーナル紙は2009年のシャンパンの生産本数が2億6千万本にまで減ったという記事を掲載した。これは前年と比べ6,500万本、2007年と比較して実に8,000万本少ない本数となる。

現在のシャンパン市場は決して楽観視できるものではなく、ネゴシアン(ワイン商)やワイン生産者たちからの最後通牒を甘んじて受けなければならないヴィニュロン(ぶどう栽培家)も少なくない。売れ残っているシャンパンは13億本とされているが、別の情報源によれば売れ残りのシャンパンは20億本にまでのぼるともいわれている。このためヴィニュロンたちは、畑ですでに熟しているシャルドネやピノ・ノワールの3分の1の収穫をあきらめなければならないという苦渋の選択を強いられた。

イタリアスプマンテフォーラム会長のジャンピエロ・コモッリ氏は「これまで16年間成長し続けてきたシャンパンだが、現在の市場における強い需要減に立ち向かわなければならなくなっている。2008年ヨーロッパ全体では市場の需要が7%減、イタリアでも11%弱減少している。」と述べた。

イタリアのスプマンテの需要が増えてきた要因として、品質の向上があげられる。フランチャコルタ、タレント、トレントといった伝統製法でつくられるものも、シャルマー製法でつくられるもの、両方の品質が上がっている。しかし、特に市場で大きく影響したのは価格である。スプマンテの価格はシャンパンと比べて明らかに競争力のある価格となっている。イタリアで生産されたスプマンテ3億2,800万本のうち半分は国内消費向け、残り半分は世界の約70カ国にむけて輸出される。

数字で見るスプマンテとシャンパン
328,000,000

2008年スプマンテの生産本数
2008年、スプマンテの生産はフランスのシャンパンの生産本数を超えた。2008年のシャンパンの生産本数は2億6千万本だった。

2,500,000,000
スプマンテの輸出額(ユーロ)
イタリアスプマンテフォーラムによると、イタリアのスプマンテの2008年の輸出額は25億ユーロ(約3,325億円)にのぼった。これは前年と比べると22%増となる数字である。

1,300,000,000
フランスのシャンパンの売れ残り本数
16年間続いたフランスのシャンパン人気。しかし現在は世界的に需要が減っており、店内に残る在庫は13億本とも言われている。

 , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.