2008 年 8 月 18 日

イタリアに続きフランスもアメリカ輸出にストップ

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 6:44 PM

イタリアに次ぎ、フランスにもアメリカへの輸出問題が浮上している。アメリカ酒類タバコ税貿易管理局(ATTB)が問題としているのは、ボルドーの有名なワイン産地であるサン=テミリオンの8つのワイナリー。これらのワインは現在のところ一時的にアメリカへの輸出がブロックされている。

調査対象となっているこの8つのワイナリー(Chateaux Pavie Macquin, Troplong Mondot, Belfont Belcier, Destieux, Fleur Cardinale, Grand Corbin, Grand Corbin Despagne, Monbousque)は、サン=テミリオン産のワイン評価で行われる10年毎の改定で、2006年に『プレミア・グラン・クリュ・クラッセ』『グラン・クリュ・クラッセ』に昇進した。しかし、この改定により降格となった他のシャトーから不服の声が出ており、今年フランス政府の法律で問題のワイナリーは1996年のランク、つまり降格となった。

このため、2006年と2007年のラベルには、上記のグラン・クリュの表記があることになるが、現在では新しい法律により無効となる。このためATTBは状況を明らかにすることを望んでいる。

ATTBのゲイル・デイヴィス氏は『我々は現在、2006年と2007年のワインラベルについて、“プレミア・グラン・クリュ・クラッセ”、“グラン・クリュ・クラッセ”という名称の使い方について、フランス政府の指導のもと調査を行っている。』と述べた。またデイヴィス氏は『健康や安全の問題ではなく、詐欺の可能性がある。』と付け加えた。2006年の評価改定が、フランスの8つのワイナリーに非常に大きな問題をもたらしている。

サン=テミリオンワイン連合副会長で、正式にシャトーとなったワイナリーのオーナーでもあるフランソワ・デスパーニュ氏は『我々は間違ったことは何もしていない。誠に遺憾なことだ。』と語った。

デスパーニュ氏は14日、サン=テミリオン代表団の一人としてパリに赴き、政府のワイン産業代表顧問に、これら一連の事象が、サン=テミリオンだけでなく、ボルドーひいてはフランス全体に損害が及ぶことだと説明した。

 

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.