2008 年 8 月 27 日

雹の影響でブルネッロの生産に被害。

Filed under: トスカーナ — vinovinovino.com @ 10:12 AM

今月初め、時速100kmの風とともに降った雹(ひょう)がモンタルチーノのブルネッロに打撃を与えた。

8月15日に起きた嵐の影響を受けた、トスカーナの南にある小さな村サンタンジェロ・イン・コッレの生産者たちも動揺を隠せない。この村は、テヌータ・イル・ポッジョーネ(Tenuta Il Poggione)など、地域でも有名なワイナリーのある地域で、このワイナリーは報告によると、今回の嵐で生産量の約35%を失ったという。

コル・ドルチャ(Col d’Orcia)のオーナー、フランチェスコ・マローネ=チンザノ氏によると、今回の嵐は大きさでも強さでも、普通とは違っていた。雹の被害は通常、一部の小さな地域だけにでていたが、今回はサンタンジェロからモンテ・アミアータまで被害が広がった。また雹とともに激しい風が吹き、過去30年でも最悪の嵐だったという。

チンザノ氏は、今の段階で被害状況を判断するのは難しいと付け加えた。およそ20%の被害がでたところもあれば、すべてを失った生産者もいる。

 

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.