2010 年 5 月 27 日

コルク栓のリサイクル:断熱材やサンダルなどに利用

Filed under: エミリア・ロマーニャ — vinovinovino.com @ 9:57 AM

エミリア・ロマーニャ州チェセナティコでコルク栓リサイクルの新たなプロジェクト『Tappoachi?』が始まった。このプロジェクトでは、ワインバーやエノテカ、レストラン、ホテルなどを通じてコルク栓を回収し、住居用断熱材製造に利用することを目的としている。これにはリサイクルと、コルクから得られる断熱材でエネルギーを節約できるという二つの利点がある。前述のエノテカやレストランなどに集められたコルク栓は90日ごとに引き取られる。また一般市民にむけ使用済みコルク栓を回収するボックスも特定の場所に設置されている。

コルク栓のリサイクルでもう一つ興味深いプロジェクトがReCORK。これはポルトガルのコルク製造会社大手Amorim社が、アメリカの関連会社と合同で出資している。このプロジェクトでリサイクルされたコルクはSOLEというサンダルの生産に使われる。ReCORKのねらいは、コルクの使い道の可能性をひろげること、コルクガシの植林地が環境に配慮できるリソースとしての価値があることを広めることである。オフィシャルサイトのトップページでは、これまでに回収されたコルク栓の数を見ることができる。

 , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.