2010 年 7 月 5 日

“海のスプマンテ”、海中での熟成終了。

Filed under: リグーリア — vinovinovino.com @ 1:38 PM

リグーリア州キアーヴァリにあるワイナリー、Cantina Bissonの“海のスプマンテ”が海中から引き揚げられた。(詳細については前回の記事参照)

レンガもセメントも必要ない海の中は『エコ』なワインセラーと言える。オーナーのルガーノ氏はシャンパーニュ製法でつくられたスプマンテ“Abissi(深海)”の13ヶ月間の熟成を海中で行うという斬新なアイデアを思いついた。これはイタリア初の試みで、12個のケージに全6,500本のボトルを収め、海底70メートルの深度まで沈めた。「内部と外部の反対圧力は7気圧で、泡のブレンドとペルラージュの洗練さのバランスがうまく取れる環境だ」とルガーノ氏は語る。つまり奇をてらうためのものではなく、一定の温度を保ち、太陽光を遮断し、最良の圧力を得ることができるという好ましい環境下で、素晴らしい構成のワインをつくるための確固とした試みだった。

このワインは海外からも高い関心を寄せられており、すでに日本やアメリカから注文を受けているという。販売開始は今年のクリスマスシーズンを予定しており、販売価格は35~40ユーロ前後になるとみられる。

BISSON : www.bissonvini.it

 

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.