2010 年 8 月 13 日

トレンティーノ:有機農法におけるブドウ栽培が増加

Filed under: トレンティーノ=アルト・アディジェ — vinovinovino.com @ 10:55 AM

トレンティーノにおけるブドウの有機栽培は栽培面積においても品質においても上昇している。現在有機栽培が行われているブドウ畑面積は150ヘクタールで、今年のブドウの出来は健康状態、品質ともに最高と見られている。これはサン・ミケーレ・アッラディジェ農業機関がLaimburg農林研究センターと共同で行った有機農法によるブドウ栽培、果樹栽培におけるプレゼンテーションで明らかにされたもの。

有機栽培についての関心は年々高まっている。今回のプレゼンテーションには中部、北部イタリアから実に250を超える生産者が参加。回を重ねるたびにその数は増えてきている。

農業実験・持続的農業部門を統括するEnzo Mescalchin氏は「ブドウ畑や果樹園における有機栽培は、今日のような経済的に厳しい状況においても環境面、経済面で向上できることを示している。生産者がしっかりと準備をし、管理を注意深く行っていれば、植物を保護するという面でも非常に良い結果を得ることができる。」と説明した。

Source: WineNews

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.