2008 年 9 月 23 日

2008年収穫:ブドウの価格に懸念広がる。

収穫

ブドウの収穫が始まったイタリアだが、イタリア農業連盟(Confagricoltura)によると、地域によってかなりの違いはあるものの、ほぼ全土でブドウの価格が下がっているという。

例をあげるとプーリア州ではブドウの価格が暴落し、1キンタルあたり最低14ユーロにまで下がっているが、カンティーナにはまだ在庫をかかえている状況だ。一方カンパニア州では、赤と白、そして品質のタイプによって状況が違っている。DOCやIGT、特にグレコ、フィアーノ、ファランギーナは平均10%の下落、またアリアニコに関してはまだはっきりした価格はでていないが、5~10%の下落が見込まれている。また多くのブドウが1キロあたり20~25セントと低くなっている。

シチリアではブドウの出来は最高とみられている。収穫量は良いとは言えないが、地域平均には並んでいる。トラーパニでは、生産コストの増加に配慮しているとはいえ、実際は生産者の希望価格よりをはるかに下回るものとなった。

ウンブリア州とトスカーナ州では収穫の真っ最中で、詳しくは収穫が終わるのを待たなければならないが、収穫量は10%アップ、また全体的にブドウの出来も良いと予測されている。有名なDOCやIGTワインの価格は例年通りといわれるが、その他の地域では消費の冷え込みの影響で10%程度減少するとみられている。

北東部の市場では収益率が低くなっている。しかし白ブドウ、特にピノ・グリージョやプロセッコが、価格の下落に歯止めをかけ、10%程度の下落はあるが生産者たちも市場価格を受け入れている。

北西部の状況は、その他の地域とは一線を画している。特にピエモンテでは、控え目な生産量が価格の下落を踏みとどまらせた。またモスカートは1キンタルあたりの価格が4ユーロ上昇し、生産者たちも満足げだ。ブラケットの価格は例年どおり1キンタルあたり100ユーロとなっている。

フランチャコルタでは、酸味と糖分のバランスが非常に良いブドウができたという。価格は2007年と同様1キンタルあたり110~145ユーロ。また雹の被害により受けた損害も、10~12%を補えた形となった。

 

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.