2010 年 12 月 1 日

シャトー・ムートン・ロートシルト2008のラベルデザイン発表。

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 10:15 AM

シャトー・ムートン・ロートシルト 2008ラベル毎年、世界のアーティストがデザインをしているシャトー・ムートン・ロートシルトのワインラベル。今回の2008年ヴィンテージには中国人画家シュ・レイさんの作品が採用された。シュさんは名門南京美術アカデミーを卒業、現在は北京の現代美術をリードする今日美術館(Today Art Museum)の芸術監督も務めている。
ラベルには、同シャトーのシンボルである羊が二つに分かれた月の間に立っている様子が繊細なインクで描かれている。同シャトーは、今回のデザインは地球の半球から半球へ、人間と文化のつながりとしての偉大なワインの役割を描いたものであるとしている。

2008年のラベルデザインに中国人アーティストのものが採用されるかもしれないという噂が明るみになったのが2009年の終わり頃。その後1ケース当たりの価格が1,800ポンド(約23万5千円)から2,200ポンド(約28万7千円)に跳ね上がった。ここ数週間では1ケースあたり6,000ポンド(約78万3千円)以上で取引されている。

中国市場の重要性を裏付けるものとしては、今年10月下旬にボルドーの高級ワイン、シャトー・ラフィット・ロートシルトが2008年ヴィンテージに、縁起の良い数字とされている『八』の字をボトルに配することを発表したことがあげられる。これはラフィットを手がけるドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトが中国でのワイン製造事業の立ち上げを記念して決定したもの。ワインの価格は発表後すぐに20%近く上昇、現在は1ケースあたり約10,000ポンド(約130万円)で取引されている。

このシャトー・ムートン・ロートシルトのアーティストラベルシリーズは1924年に始まった。過去にはパブロ・ピカソ、サルバドール・ダリ、フランシス・ベーコン、アンディ・ウォーホルなど多数の著名な画家がラベルデザインを手掛けている。

 ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.