2011 年 1 月 12 日

アルメニアで世界最古のワイン醸造施設発見

Filed under: 研究 — vinovinovino.com @ 10:51 AM

6100年前のワイン醸造施設アルメニアの洞窟で、約6,100年前のものと思われる世界最古のワイン醸造施設を、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のコッツェン考古学研究所の発掘チームが発見した。

施設内では、ブドウの種やブドウを搾った跡、干乾びたブドウの樹の枝、原始的な圧搾機、発酵のための粘土質の桶、ワインがしみ込んだテラコッタ製陶器、ワインを飲むためのカップや小鉢などが見つかった。

この醸造施設が発見されたイランとトルコの国境にあるヴァヨツ・ゾル地方の洞窟群では、昨年6月にも世界最古となる5,500年前の革靴がほぼ完全な状態で発見されている。

Source : ANSA, AFP

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.