2011 年 2 月 28 日

【インド】イタリアワインの売上、毎年10~15%増

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 11:11 AM
Taj Mahal, Agra, India.

Image via Wikipedia

インドでは、高い関税や適正な流通網の欠如、地中海地域の食文化への理解度がまだ低いにも関わらず、イタリアワインの売上が毎年10~15%伸びている。これは、イタリアワイン連合(UIV)とVinitalyを主催するVeronafiereがインドに設立した有限会社Veronafiere Lems India Private Limitedがニューデリーで開催したセミナーで明らかにしたものである。

ジャーナリストでイタリアワイン連合のコンサルタントを務めるファビオ・ピッコリ氏は「約1億人という潜在的な消費者がいるインド市場において、これは非常に前向きな数字だ。」と述べた。現在インドはイタリアワインの輸出国第25位だ。ワイン市場成長の大きな障害は、約150%(インド各州により異なる)もかかる輸入税で、これは欧州連合とインド間の自由貿易合意のための交渉事項である。

ニューデリーのイタリア大使館貿易促進部のジャンルーカ・ブルスコ氏は「我々は関税減のための合意に近づいているが、高級ワインのみに適応される。これはインド国内のワイン産業に影響を与えないためのものだ。」と語った。

Source : WineNews

 , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.