2011 年 3 月 7 日

【フランス】シャトー・マルゴー、偽造防止シールを貼付したボトルを今週から出荷。

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 11:00 AM
1995 Chateau Margaux

Image by Thomas Hawk via Flickr

ボルドーの有名ワイナリー、シャトー・マルゴーが、今週から偽造防止シールを全てのボトルに貼付して出荷する。

Prooftagとして知られるこのシールは、キャップシールからボトルをつなげるように貼られる。シールには照合番号と独特の模様が施されており、シャトー・マルゴーのウェブサイトでトラッキングが可能になる。シールを取るとキャップシールもはがすことになるため、再利用は決してできない。

これまでにも偽造防止のため、レーザーエッチングされたボトル、特定のヴィンテージを型打ちしたボトル、シリアル番号やバーコードをボトルやケースに貼付、ラベルに特殊インクを使うなどの対策が成されている。今回のシールはこれらに続くものとなる。

シャトー・マルゴーのポール・ポンタリエ社長は「我々には、30年経ってもそのワインが本物であることを証明することが可能な正しいツールが必要だ。」と語った。

特に中国本土で、偽造された高級ワインが出回っていることから、ここ数年、偽造ワインやトレーサビリティについての懸念が高まってきている。

香港税関の上級管理官を務めるAlbert Ho氏によると、香港で偽造ワインが見つかったのは2009年、2010年にそれぞれ5件のみだったという。「しかし我々は偽造ワイン専門対策チーム、違反取締のため世界中のケースをトラッキングできる情報部などを設けている。」とHo氏。

ポンタリエ社長は「偽造ワインについて特定の報告はまだ上がってきていないが、我々は消費者が心配を抱いていることを承知している。今後この問題が大きくなってきたとき、我々はすでにその問題についての対処が整っているようにしておきたい。」と述べた。

このProoftagシールは、シャトー・マルゴー、パヴィヨン・ルージュ、パヴィヨン・ブランの3種類のワインに貼付される。2009年以降の全てのヴィンテージのほか、シャトーから直接販売されるオールド・ヴィンテージにも貼られる。

Source : Decanter

 , , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.