2011 年 3 月 21 日

世界におけるイタリアワイン消費、60%が白ワイン

Filed under: 調査 — vinovinovino.com @ 9:42 AM
The clarification process can bring out the cl...

Image via Wikipedia

イタリアからのワイン輸出で、白ワインが赤ワインを追い抜いた。海外におけるイタリアワイン消費は60%が白ワインとなる。世界的にアルコール度数の低い、軽めのワインが好まれている傾向が浮き彫りになった形だ。このデータはAssoenologi(ワイン醸造専門技術者協会)が2010年のイタリアワインの動向についての分析によって明らかとなった。

だが、Assoenologiのジュゼッペ・マルテッリ会長は「注意してほしいのは、白ワインは決してアルコール含有量が少ないということではない。ただ平均的に赤ワインと比べると少ないため、需要が増えている。」と説明する。

Assoenologiによると、ワインの種類における消費傾向は、厳しい年であった2009年と完全に逆転した。イタリアのワイン輸出は2010年、11.7%増と記録的な伸びを見せている。

Source : WineNews

 , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.