2011 年 4 月 22 日

イタリア国立ワイン委員会:3つのDOCGと3つのDOCを承認

Filed under: カンパニア,トスカーナ,ラツィオ — vinovinovino.com @ 10:44 AM
vines

Image by SpecialKRB via Flickr

4月20日、21日に開催された国立ワイン委員会の会合で、ラツィオ州に2つのDOCGと1つのDOC、カンパニア州に1つのDOC、トスカーナ州にDOCGとDOCがそれぞれ1つずつ承認された。

ラツィオ州

<DOCG承認>
Frascati Superiore
Cannellino di Frascati

<DOC承認>
Roma
・種類の異なる7つのワインに利用される。

<DOC規定改正>
Frascati
・DOCG昇格に伴い、“Superiore”と“Cannellino”の分類が除外された。

カンパニア州

<DOC承認>
Falanghina del Sannio

<DOC規定改正>
Sannio
・これまでDOCであったSolopaca、Taburno、GuardioloもしくはGuardia Sanframondi、Sant’Agata dei GotiもしくはSant’Agata de’ Gotiの4つがSannioのサブエリアとして登録される。

トスカーナ州

<DOCG承認>
Montecucco Sangiovese
・グロッセート県で生産されているDOCであるMontecuccoの中の1種類がDOCGに昇格。

<DOC承認>
Maremma Toscana
・これまでIGTであった同名ワインがDOCへ。

<DOC規定改定>
Montecucco
・DOCG昇格に伴い、DOC規定の分類からMontecucco Sangioveseが除外された。

 , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.