2011 年 5 月 30 日

Christie’sでシャトー・ラトゥール1961が1,800万円で落札。

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 4:00 PM

先日香港で開催されたChristie’sのオークションで、1961年のシャトー・ラトゥール6リットルボトルが135,000ポンド(約1,800万円)で落札され、予想落札価格の3倍以上の額となった。落札したのは中国人だった。

ロンドンを拠点とする高級ワイン商Bordeaux Indexの創設者Gary Boom氏は「今回の落札額は勢いのあるものとなったが驚くようなものでもない。生産地がどれほど重要で、信用できる確かな筋から購入することがどれだけ必要不可欠なことかを示している。価格がこのレベルに到達してもおかしくはない。」と述べた。

景気後退の中でもロンドンの高級ワイン市場は好況だった。これは経済成長を続ける極東、特に中国、香港、シンガポールにおける高級ワインへの関心が非常に高まったことが理由として挙げられる。

もともと、これらの国々ではワインに対する関心は低かった。ひとつには熱帯気候ではブドウが育たないという理由がある。Boom氏は「一番興味深いことは、若いものも含めた全てのヴィンテージにおいて、ダブル・マグナムやジェロボアムといった大きいボトルへの関心が強いことだ。昔からアジアのバイヤーは大きいサイズのボトルは買わない。つまり電話で競売に参加した多くのコレクターがいたことは明らかだ。」と付け加えた。

Source : BBC News

 ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.