2011 年 6 月 3 日

【アメリカ】2011年第一四半期のスパークリングワイン輸入量、イタリアがトップ。

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 10:26 AM
Sparkling wine for two.

Image by zpeckler via Flickr

Italian Wine & Food Instituteの調べによると、2011年第一四半期のアメリカにおけるイタリアのスプマンテ輸入量は50,180ヘクトリットルで前年同期比53.8%増、輸入額は2975万ドルで48.9%増加した。輸入量でみるとアメリカへの輸出国トップとなる。

一方フランスのスパークリングワインの輸入量は34,530ヘクトリットル(前年同期比16.4%増)、輸入額は8,255万ドル(前年同期比36.69%増)だった。フランスは輸入額でトップである。続いてスペインが輸入量で24,680ヘクトリットル(前年同期比38.5%増)、輸入額1,139万ドル(前年同期比40.7%増)だった。イタリアから輸出されるスパークリングの種類は特にスプマンテとプロセッコが多いが、フランスはほとんどがシャンパンであるため、これらの1本当たりの平均価格差はフランスが23.9ドル、イタリアが5.9ドルと明らかな違いがある。

2011年第一四半期のアメリカの全ワイン輸入量は120,420ヘクトリットル(前年同期比41.8%増)、金額にすると1億2880万ドル(前年同期比42.1%増)であった。

 , , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.