2011 年 6 月 28 日

イタリア南部3県、新たにDOCG、DOC、IGTが承認

Filed under: サルデーニャ,シチリア,プーリア — vinovinovino.com @ 9:26 AM

先日、DOC Siciliaを承認したばかりの国立ワイン委員会が、新たに数個の原産地呼称を承認した。

サルデーニャ州には、カリャリ県、カルボーニア=イグレージアス県、メディオ・カンピダーノ県、オリスターノ県で生産される新しいDOC『Cagliari(カリャリ)』が承認されたほか、現行のDOC『Cannonau di Sardegna』、『Nuragus di Caligari』、IGTの『Isola dei Nuraghi』の規定が修正される。

プーリア州には、現在のDOCであるCastel del Monteから、『Castel del Monte Nero di Troia』、『Castel del Monte Rosso Riserva』、『Castel del Monte Bombino Nero』の3つの新しいDOCGが誕生する。また新たに、フォッジャ県とバルレッタ=アンドリア=トラーニ県にまたがる地域で生産されるDOC『Tavoliere delle Puglie o Tavoliere』が承認された。

シチリア州には新たにIGT『Terre siciliane』が新設、また現行のDOC『Moscato di Pantelleria, Passito di Pantelleria e Pantelleria』、『Moscato di Siracusa』には修正が加えられる。

Source : WineNews

 , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.