2011 年 11 月 25 日

海外でのワイン消費、イタリアワインが増加。

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 11:05 AM

イタリア最大の農業団体Coldirettiは、2011年のイタリアワイン輸出予測を発表した。これによると、2011年末までに輸出量は昨年より15%増の2,300万ヘクトリットルとなる見込みだ。国際ブドウ・ワイン機構(OIV)の2011年予測によると、フランスのワイン生産量は4,960万ヘクトリットルで前年比9%増、一方イタリアは4,220万ヘクトリットルで前年比13%減となっている。

Coldirettiは、2011年のイタリアにおけるワイン生産量は激減したが、品質は向上、また海外輸出が15%増加したと続けた。海外のワイン市場では、イタリアが輸出量でトップとなっている。一方でフランスの輸出量は1,400ヘクトリットルにとどまった。アメリカにおけるワイン輸入量はイタリアがトップで、フランスと比べ3倍。フランスは、オーストラリア、アルゼンチン、チリに続き、アメリカへのワイン輸出量では5位となっている(Italian Wine & Food Instituteによる2011年1~5月期のデータによる)。

Source : Coldiretti

 , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.