2008 年 2 月 29 日

2007年、イタリアワインがアメリカ市場で記録的な売れ行き。

Filed under: その他,海外 — vinovinovino.com @ 7:02 PM

2007年はイタリアワインのアメリカ市場における記録的な年となった。230万ヘクトリットル(約11億3000万ドル)が輸出され、これはフランスのおよそ2倍、オーストラリアよりも40万ヘクトリットル多い輸出量である。

イタリアワイン&フード協会会長ジャコポ・ビオンディ・サンティ氏はこう語る。『このデータの興味深いところは、2007年にイタリアが輸出量、輸出額ともに+9%増であったのに対し、オーストラリアは+3,5%の輸出量にもかかわらず輸出額は+3,2%にとどまったということです。特に米ドルに対するユーロ高で、より困難な状況のなか、我が国の生産者が競争力を落とすことを余儀なくされたにもかかわらず、このような調査結果がでたことは非常に重要な意味をもっています。』

データを詳細に見てみると、2007年イタリアが輸出した2,317,210ヘクトリットルは、およそ11億3000万ドルの対価であった。(2006年は2,114,560ヘクトリットルに対し10億3000万ドル。)これに対し、オーストラリアは1,939,658ヘクトリットルで6億8144万ドルに留まった。(2006年は200万ヘクトリットルに対し6億6400万ドル。)フランスは2006年の968,860ヘクトリットル(7億6537万ドル)に対し2007年は1,050,109ヘクトリットル(8億6510万ドル)であった。
1リットルあたりの平均価格は、イタリア4,86ドル、フランス8,23ドル、オーストラリア3,51ドル、アルゼンチン1,97ドル。
総合的にみると、2007年のアメリカ全体の輸入量は7,594,003ヘクトリットル、およそ35億7000万ドルに上り、これは輸入量+9,6%、輸入額+12,1%の伸びである。

 

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.