2012 年 5 月 21 日

18世紀のヴァン・ジョーヌ、390万円で落札

Filed under: ワイン評価,海外 — vinovinovino.com @ 9:05 AM

Vin Jaune 1774先日お伝えした、1774年ヴァン・ジョーヌのオークションが先週クリスティーズで開催され、フランス人バイヤーが49,343米ドル(約390万円)で落札した。このワインはジュラワイン生産地の中心であるアルボワのヴェルセル家の地下セラーで、8代にわたって受け継がれてきたもの。

アルボワはフランスの科学者ルイ・パスツールが生まれた地でもあり、クリスティーズのカタログによると、1882年にパスツールがアカデミー・フランセーズへの入会を祝うために同じヴィンテージのボトルを楽しんだ、と伝えられているという。

土着品種サヴァニャンからつくられるヴァン・ジョーヌは酒精強化されていないが、シェリーのように熟成中に酵母膜(シェリーの生産地ヘレス周辺ではフロール、ジュラ地方ではヴォワールと呼ばれる)ができ、これが独特の風味を生み出している。

クリスティーズによると、同じヴィンテージのヴァン・ジョーヌが公式にテイスティングされたのは1994年。金色がかった琥珀色で、木の実やスパイス、カレー、シナモン、バニラやドライフルーツなどが感じられる素晴らしいワインと評価されていた。

Source : Decanter

 , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.