2012 年 5 月 22 日

2014年世界のワイン消費国予測トップ10

Filed under: その他 — vinovinovino.com @ 11:39 AM
BEIJING, CHINA - MAY 25:   People visit Spain ...

Getty Images via @daylife

2010年、スティルワイン消費国トップはイタリアだったが、そのバランスが変わってきている。

スティルワインの消費分析は、将来のワイン消費動向を予測する確かな指標であり、鍵となる市場区分だ。2009年、全ワイン消費量のうち、スティルワインは92.6%を占めた。そして2010年から2014年までの4年間でさらに3%上昇すると予測されている。そしてこの成長率のうちのほぼ4分の3(73.4%)はアメリカ、中国、ロシアの市場が占めるとみられている。

Vinexpoが行った2014年の分析によると、特にヨーロッパでは消費が低下し、その他の地域では例年並み、もしくはわずかに上昇するという。

全ワイン消費をみると、イタリア、フランスを抜き、アメリカ市場は世界で最も大きなワイン市場となった。Vinexpoは、アメリカのワイン消費が今後2年間でさらに10%伸びると予測している。

また中国は現在、世界で最もワイン消費市場が急速に成長している国だ。2009年から2010年までのわずか1年間でスパークリングも含むすべてのワイン消費は33.4%も増加した(香港も含む)。

以下はVinexpoがIWSR(International Wine & Spirits Research)と共同で、世界の主要ワイン生産国28カ国と114の消費市場から集めたデータをもとに2014年ワイン消費国トップ10(予測)を紹介する。なおこのデータは15%未満のアルコール度数のワイン消費を対象としており、スパークリングワインは含まれていない。

2014年世界のワイン消費国トップ10

  1. アメリカ
    Vinexpoの5年予測によると、アメリカのワイン消費は2010年から2014年に10%増加するとみられている。
  2. イタリア
    2014年にはアメリカに消費が追い抜かれるという予測。イタリアでは年々国内のワイン消費が減少している。5年予測では0.84%の減少。
  3. フランス
    イタリアと同じく国内消費量は減少。この現象は2008年から顕著になり始めた。2014年には4%減少するとの予測。
  4. ドイツ
    ドイツで人気のワインはリースリング、ピノ・ノワール、シルヴァーナ、ピノ・グリス、ピノ・ブラン。
  5. イギリス
    国内ワイン消費は4.13%減少するとの5年予測。白ワインが人気が高く、特に現在はロゼワインへの関心が急速に高まっている。一方赤ワインは消費が落ちている。
  6. 中国
    日々成長しつづける中国の順位を定めるのは難しい。過去3年間で中国はイギリスよりもワインにお金をかけるようになっており、消費額だけを見るとアメリカにつづき世界第2位のワイン消費国である。しかしスティルワイン消費だけに限ると、イギリスに続く5位とみられている。2010年からの5年予測では19.6%増。2005年から2009年の5年間では104%も増加した。
  7. アルゼンチン
    5年予測では5.5%の減少。2011年全体のワイン輸出量は3.1%減少したが、アメリカへの輸出量は2%増加した。
  8. スペイン
    スペインでのスティルワイン消費は2012年に5%落ち込むとされている。2005年から2009年までの5年間には14.81%減少した。スペイン経済は困難な状況にあり、EU内で最も失業率の高い国の一つとなっている。多くはより安いワインにシフトし、家で過ごす時間が増え、また若い世代にはワインなしで食事する人も増えている。
  9. ロシア
    5年予測で9%の上昇とされているロシア。2005年から2009年の5年間の消費は50%と急上昇した。しかし歴史的にロシアはワインよりもスピリッツを飲む文化があるため、2014年の順位は9位にとどまっている。ロシアは重要なワイン生産地であり、かなりの量を生産しているが、国内消費には30年前の影が。80年代にゴルバチョフが反アルコールキャンペーンをうちだしており、ロシアの法や行政システムがロシア市場への海外ワインの参入を難しくしている形だ。
  10. ルーマニア
    2005年から2009年の間の2.82%の成長率と同じく、5年予測でも2.81%の上昇が見込まれている。人気は白ワイン(68.6%)で、赤ワイン(31.4%)を大きく上回る。ルーマニアでは、品質の高いワインに関心が高まっており、特に海外のワインを飲む人が増えてきている。ワインやビールの人気が高まり、強いアルコール飲料の消費は減少している。

Source : the drinks business

 , , , , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.