2012 年 7 月 3 日

中国企業が今度はカリフォルニアのワイナリーを買収

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 4:10 PM
Vineyards in the California wine region of Atl...

Vineyards in the California wine region of Atlas Peak in the Napa Valley (Photo credit: Wikipedia)

中国の“植民地化”が止まらない。フランス、オーストラリアにつづき、中国投資が今度はカリフォルニアへ上陸した。正確な社名ははっきりしていないが、IT関連と思われる中国のグループ企業が、アトラス・ピークに9ヘクタールの畑をもつBialla Vineyardsを320万ドル(約2億5,500万円)で買収した。Bialla社は特にメルローとカベルネ・ソーヴィニョンの生産で有名なワイナリー。今後は中国市場をターゲットとしたワイナリーのオリジナルブランドを立ち上げ、販売を促進していくと見られる。

Source : WineNews

 , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.