2008 年 11 月 19 日

オルネッライアのマッセートがボルドー市場初のイタリアワインに。

Filed under: トスカーナ — vinovinovino.com @ 1:52 PM

オルネッライアが『マッセート(Masseto)』をボルドー市場に投入する。

これまで伝統的に自国フランスのワインが大半で、外国のワインはごく少数しか取り扱っていないボルドー市場で『マッセート』は、最初のイタリアワインとなる。

ボルゲーリの7ヘクタールの畑でのみ栽培されるメルロー100%で構成されるオルネッライアのマッセート。この2006年ヴィンテージが2009年10月にリリースされるが、フランス・ボルドーの5つの業者がおよそ6,000本を入手する予定だ。これは同社の海外輸出割り当て分の20%に相当する。

オルネッライアのCEO(最高経営責任者)、Giovanni Geddes氏は「マッセートの国際的知名度をさらに高めるために決定した。」と語った。

「これまで我々は世界50カ国にインポーターを通してワインを販売してきた。それぞれのインポーターには240本、360本というように少数の割り当てが決められており、彼らは毎年同じ人々にそのワインを販売している。ボルドー市場は100カ国以上とワインの取引を行っているため、より多くの人々に我々のワインを手にしてもらえる大きな可能性を秘めている。」

Geddes氏は、この決定が特に意味のあることだと語る。それはマッセートが『ボルドーに縛られていない最初のワイン』だからである。ボルドー市場で扱われているチリのアルマヴィーヴァやカリフォルニアのオーパス・ワンなども含む外国産ワインはバロン・フィリップ・ド・ロートシルトの所有である。「マッセートが、世界の著名なワインと並んで『世界のベストワイン』のひとつとして販売される大きなチャンスだ。」とGeddes氏は付け加えた。

同時にGeddes氏は、マッセートの割当数が20%減るインポーターの間で不満がでるであろうことも予測している。「マッセートのインポーターたちは、割当られた全ての本数を非常に高い価格で売っているため、今回割当数が減ることには不満だろう。しかし彼らが我々の考えを理解してくれると信じている。」

今の時点で最も新しいマッセートの2005年ヴィンテージは、現在イギリスの高級ワイン市場で1本当たり251ポンド(約42,000円)で取引されている。このマッセート2005は、オルネッライアがフレスコバルディ社の所有となった後の最初のヴィンテージである。

 , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.