2012 年 7 月 23 日

【イギリス】二酸化硫黄表示欠落で有名シャンパン・クリュッグを回収

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 9:02 AM
Display bottle of Grande Cuvée, Krug's non-vin...

Display bottle of Grande Cuvée, Krug’s non-vintage brut. (Photo credit: Wikipedia)

有名ワインやスピリッツも所有するルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシーグループが、ラベルに二酸化硫黄を含む表示を入れていなかったことから、最高級のシャンパンとして知られるクリュッグをイギリス市場から回収することになった。

イギリス食品基準庁は、アレルギーを持っている人、また二酸化硫黄に過敏である人はクリュッグを飲まないよう警告を出した。

回収されたのはクリュッグ・グラン・キュヴェ、クリュッグ・ロゼ、クリュッグVintage 2000、2000年のクロ・デュ・メニル、1998年のクロ・ダンボネで、これらのワインはイギリスで120~200ポンドで販売されている(クロ・ダンボネは1800ポンドのものも)。

イギリスのメディアによると、クリュッグの広報担当は、シャンパンのなかに含まれている二酸化硫黄は醸造段階で自然にできるものだと説明したと伝えている。しかしいずれにしても二酸化硫黄が含まれていることはイギリスの法律で記載が義務づけられているため、今回の回収となった。

Source : WineNews

 , , , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.