2008 年 4 月 14 日

ワインの情熱は、量ではなく質で表現されるもの

Filed under: その他 — vinovinovino.com @ 6:07 PM

ワインやスピリッツ、カクテルは楽しんで飲むべきものであり、分別を失うまで飲んだり、ストレスを発散するために飲むものであってはならない。

ワインが文化的にも重要なものであり、生活の質に付加価値をつけるものだと納得している人に向け、1956年から続くワインとスピリッツ販売の老舗メレガッリ社が同社のイメージカラーでもある青のブレスレットを考案した。ブレスレットには『DRINK QUALITY NOT QUANTITY』と刻まれており、本当に「飲む」ということの意味を知っている人の印になるという。これはメレガッリ社の全ての顧客のほか、ワイン愛好家にも配られることになっている。

『ファッションや芸術の分野と同じように、ワインにおいてもセンスと文化が必要で、このDRINK QUALITY NOT QUANTITYはワイン界において失われてはならないメッセージなのです。1本のワインボトルやスピリッツの影には、それを造る生産者の長い歴史がある のです。』(メレガッリ社)

また現在、ワイン愛好家やマスコミ、生産者などすべての人を対象に、同社のウェブサイトにてアンケート(www.meregalli.com/sondaggio.asp)が行われている。現在起こっている反アルコールの動きをどう理解し、どのように立ち向かうべきかを問う全5問。この結果は農林食糧政策省も注目すると思われる。

 

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.