2012 年 10 月 15 日

イタリア主要ガイドブック5社の評価を総合したトップ4発表

Filed under: ワイン評価 — vinovinovino.com @ 5:13 PM

イタリアの主要ガイドブックを出版するガンベロロッソ、イタリアソムリエ協会、ヴェロネッリ出版、エスプレッソ、スローフード協会の5社が選ぶ2013年の“最優秀ワイントップ4”が発表された。

  • Barolo Cannubi Boschis 2008 – Sandrone
  • San Leonardo 2007 – Tenuta San Leonardo
  • Bolgheri Sassicaia 2009 – Tenuta San Guido
  • Bolgheri Superiore Grattamacco 2009 – Grattamacco

この結果は、各ガイドブックの2013年版におけるそれぞれのテイスティングチームの評価(ガンベロロッソ『ヴィーニ・ディタリア』“トレ・ビッキエーリ”、エスプレッソ『イ・ヴィーニ・ディタリア』“チンクエ・ボッティリエ”、ヴェロネッリ出版『イ・ヴィーニ・ディ・ヴェロネッリ』“スーパー・トレステッレ”、イタリアソムリエ協会『ドュエミラヴィーニ』“チンクエ・グラッポリ”、スローフード協会『スローワイン』“グランディ・ヴィーニ”)を単純に照らし合わせたものとなっている。

注目は、スローフード協会の『スローワイン』の評価だ。スローワインは他のガイドブックと異なり、ポイント制の評価は行っていないが、それに近い評価方法で選ばれるものが“グランディ・ヴィーニ”であり、今回のトップ4を選ぶに当たり採用されたカテゴリーである。しかしスローフード協会が最も重きを置いているワイナリー評価“キオッチョラ”の哲学に沿ったワインを選ぶ“ヴィーニ・スロー”をあてはめた場合は、5社合意のもとに認定するワインは“Moscato Passito di Pantelleria Ben Ryé 2010 – Donnafugata”と“Amarone della Valpolicella Classico 2005 – Bertani”の2本のみとなる。

イタリアのワインニュースサイトWineNewsのAlessandro Regoli代表は、「イタリアのガイドブックなどの評価基準には、もっと共通の、共有できる要素が必要だ。こういった評価要素によって、イタリアを代表するワインを少なくとも50~100本は選ぶことができるようになる」と話した。

Source : WineNews

 , , , , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.