2013 年 1 月 14 日

【中国】消費者の44%が輸入ワインの真偽に疑問

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 11:05 AM

建設中のモエ・ヘネシー自社セラー中国におけるワイン輸入の成長を阻む最も大きな原因は『偽物』の存在だ。ワインマーケットリサーチを専門とするWine Intelligenceの調査によると、中国の消費者の44%が、海外から輸入され販売されているワインが、中国で偽造されたワインではないかという疑念をもっていることがわかった。「中国人は外国産ワイン、そしてワイン文化についての知識を深めたいと思っている。2013年のワイナリーのミッションは、購入したワインが偽物ではないと顧客へ示し信頼を取り戻すことだ。」とWine Intelligence担当は話す。

いずれにしても、中国国内市場への期待は大きい。このことからモエ・ヘネシーは寧夏回族自治区に550万ドルをかけ、自社セラーを建築中だ。着工は2012年2月、2013年中の竣工を予定しており、2014年には最初の製品(スパークリングワイン)が市場に出るとみられる。

Source, Photo : WineNews

 , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.