2014 年 7 月 31 日

I Vini Buoni d’Italia:最高評価コローナ獲得ワイン発表

A glass of the Italian wine Barolo made from t...

A glass of the Italian wine Barolo made from the Nebbiolo grape in the Piedmont region. This picture shows some of the orange hues that is characteristic of this wine (Photo credit: Wikipedia)

ツーリング出版が毎年発行しているワインガイドブック『I Vini Buoni d’Italia(イ・ヴィーニ・ブオーニ・ディタリア)』。イタリアの土着品種をつかったワインのみを評価するこのガイドブックの最新版となる2015年版の最高評価“コローナ(王冠)”を獲得したワインが早くも発表された。ツーリング出版は毎年、他の主要なガイドブックよりかなり早く最高評価ワインの発表を行っている。

今年コローナを獲得したのは420のワイン。そのうち獲得最高数となったのはピエモンテ州(48)、続いてトスカーナ州(43)、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州(40)、ヴェネト州(34)となった。原産地呼称別で最も獲得数が多かったのはフランチャコルタ(20)、バローロ(19)、ブルネッロ(17)などとなっている。

【続きを読む】


2013 年 10 月 25 日

エスプレッソ誌ワインガイドブック:5ボッティリエ発表

L'Espresso - I Vini d'Italia 2014エスプレッソ誌のワインガイドブック『イ・ヴィーニ・ディタリア』の最高評価である5ボッティリエ(5ボトル)が発表された。5ボッティリエは最高点20ポイントのうち18ポイント以上のワインが対象となる。

また、15ユーロ以下のクオリティプライスワインの赤、白それぞれのトップ5も発表された。いずれもイタリア国内のエノテカで10ユーロ以下で購入でき、中には4ユーロのものまである。どのワインも18点には達していないが、品質の確かなものを手頃な価格で楽しめるという点でかなり注目のランキングだ。

【続きを読む】


2013 年 10 月 22 日

ガンベロロッソ『ヴィーニ・ディタリア』2014年版トレ・ビッキエーリ発表

ガンベロロッソ ヴィーニ・ディタリア2014今年で27年目となるガンベロロッソのガイドブック『ヴィーニ・ディタリア』の2014年版で最高評価のトレ・ビッキエーリを獲得したワインが全て出そろった。今回トレ・ビッキエーリを獲得したのは415種のワインで、50のワイナリーが初登場となった。この数は過去最高で、これまで催行だった昨年の399種を上回った。

60名以上の専門家チームにより、4万5千本を超えるワインの試飲が行われ、2,360軒のワイナリーの約2万本のワインがガイドブックに掲載されている。1024ページに渡る今回のガイドブックは、ドイツ語、英語、中国語、そして今年からは日本語にも翻訳される。

【続きを読む】


2012 年 12 月 20 日

ヴェロネッリ出版のI Vini di Veronelli 2013、各デバイスのアプリが発売

I Vini di Veronelli 2013

昨年に引き続き、ヴェロネッリ出版のワインガイドブック『I Vini di Veronelli』2013年版がデジタル媒体でも発売された。昨年はiPhoneとiPadのみの対応だったが、今年からはAndroidのスマートフォンとタブレットにも対応している。

2013年版では1,860のワイナリーから13,090本のワインが掲載されている。アプリでは各生産者の住所、電話番号、生産者紹介といった基本的情報から、生産ワインの評価、またワイン以外の商品(オイル、チーズ、サラミ、蒸留酒等)を生産しているか、オーガニック、バイオダイナミックの表示、宿泊施設の有無、ワイナリーがワインを直販しているか、などの情報も掲載されている。また昨年同様、料理のクオリティに加え、上質のワインリストを提供しているレストランを紹介するセクション“I Luoghi del BuonBere”も含まれている。

【続きを読む】


2012 年 10 月 16 日

イタリアソムリエ協会『ドゥエミラヴィーニ』2013年版最高評価ワイン発表

イタリアソムリエ協会が監修するワインガイドブック『ドゥエミラヴィーニ』の最高評価チンクエ・グラッポリ(5房)が発表となった。ワイナリーのなかで5グラッポリの獲得数が最も多かったのは、シチリア州のTasca d’Almerita(Chardonnay 2010、Contea di Sclafani Rosso del Conte 2008、Diamante d’Almerita 2011)、ピエモンテ州のAngelo Gaja(Barbaresco 2009、Langhe Nebbiolo Sorì Tildìn 2009、Langhe Nebbiolo Sperss 2008)、同じくピエモンテ州のPoderi Aldo Conterno (Barolo Cicala 2008、Barolo Granbussia Riserva 2005、Barolo Romirasco 2008)、アルト・アディジェのCantina di Terlano(Alto Adige Lagrein Porphyr Riserva 2009、Alto Adige Terlano Chardonnay 1999、Alto Adige Terlano Sauvignon Quarz 2010)、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のVie di Romas(Friuli Isonzo Rive Alte Sauvignon Piere 2010、Friuli Isonzo Rive Alte Sauvignon Vieris 2010、Dut’Un 2009)だった。

【続きを読む】


2012 年 10 月 15 日

イタリア主要ガイドブック5社の評価を総合したトップ4発表

イタリアの主要ガイドブックを出版するガンベロロッソ、イタリアソムリエ協会、ヴェロネッリ出版、エスプレッソ、スローフード協会の5社が選ぶ2013年の“最優秀ワイントップ4”が発表された。

【続きを読む】


2012 年 10 月 11 日

エスプレッソ誌ガイドブック:5ボッティリエ発表

Guida Vini Espresso 2013エスプレッソ誌のワインガイドブック『I Vini d’Italia』2013年版の最高評価“5ボッティリエ(5ボトル)”が発表された。今回は約2万5千本のワインがテイスティングされた。

2013年版ガイドの中心となるのは、“Migliori acquisti(クオリティプライスワイン)”と“Eccellenze(5ボッティリエ)”。5ボッティリエは20点満点のうち18点以上を獲得したワインに贈られる。2013年版では、前年と比べ7本多い232本のワインが5ボッティリエを獲得した。

【続きを読む】

次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.