2013 年 8 月 28 日

【アメリカ】検索で人気のイタリアワイン、スーパータスカンが上位を占める

3 Bottles of Sassicaia, cropped from wide vert...

3 Bottles of Sassicaia, cropped from wide vertical collection (Photo credit: Wikipedia)

アメリカのワイン価格比較ができる有名サイトWine-Searcher.comでは毎日約100万回ものワイン検索が成されているという。そんな人気サイトの先月の検索回数ランキングが公開された。トップ100のワインのうち実に79がフランスワイン(第一位から第九位までもフランスワイン)と、フランスが優勢となっているランキングのなか、イタリアからはサッシカイア(第13位)、ティニャネッロ(第28位)、オルネッライア(第33位)、マッセート(第39位)、ソライア(第51位)と、海外で広く知られる5つのワインがランクインした。

このほか、アメリカが11(このうちトップは10位のオーパス・ワン)、オーストラリアが3、スペインとポルトガルから1つずつランクインしている。

【続きを読む】


2013 年 1 月 22 日

アラン・デュカス発案のユニークなガラディナーが開催

Alain Ducasse

Alain Ducasse (Photo credit: kattebelletje)

フランス料理界の巨匠アラン・デュカスが発案したイベントが来月22日、ニューヨークで開催される。ボルドーの偉大なワインのテイスティングの後、ガラディナーが開催されることになっているイベントだが、ディナー時は招待客が自身のコレクションワインを持ち込み、それを会場で飲む、という特別な趣向だ。

【続きを読む】


2012 年 12 月 19 日

【フランス】シャトー・ディケム、2012年ヴィンテージの発売を中止

Château d'Yquem - Bordeaux - Sauternes

Château d’Yquem – Bordeaux – Sauternes (Photo credit: Wikipedia)

ボルドーの歴史あるワイナリーで、世界最高峰の貴腐ワインをつくることでも有名なシャトー・ディケムの2012年ヴィンテージが販売されないこととなった。シャトー・ディケムCEOのPierre Lurton氏は「私たちは出来る限りの努力をしましたが、残念ながらこのような決断を下さざるをえませんでした。」と話した。

【続きを読む】


2012 年 10 月 18 日

仏調査:世界的にイタリアワインの販売が好調との見通し

不況からの回復が未だ難しいなか、ワインの販売においては楽観的な観測が広がっている。フランスのマーケティング会社Sopexaが、12カ国(これらの国で世界のワイン市場の7割を占める)1,300の販売業者を対象に行った調査によると、2012年の売上に楽観的な見通しをたてているのは51%(2011年は67%)で、特に日本、ロシア、ドイツ、香港、イギリスでその傾向が見られた。一方、中国、カナダ、ベルギー、デンマーク、スイスでは今後の売上動向に懐疑的な傾向があることがわかった。

【続きを読む】


2012 年 7 月 13 日

ワイン主要生産国、国内消費減少も輸出が好調

Drinking Wine in Spello

Drinking Wine in Spello (Photo credit: tomkellyphoto)

伝統的なワイン生産国ではワインの消費量が減少してきているが、他の国では年々消費が伸びてきている。2011年は全世界で244億リットルが消費され、前年と比べ約3億リットル増加した。これはドイツのワインコミュニティサイトWein-Plusの調べによるもの。

2011年のワイン消費量トップはフランスで29億リットル、続いてアメリカ(28.5億リットル)、イタリア(23.1億リットル)、ドイツ(20億リットル)となっている。 ドイツの場合もフランスやイタリアと同じく、国内消費は伸び悩んでいるが、海外輸出は好調だ。2000年の世界のワイン輸出量は60億リットルだったが、2011年は99億リットルにまで増加している。

イタリアは輸出量では24.2億リットルと世界一で、スペイン(22.3億リットル)、フランス(14.1億リットル)、チリ(6.6億リットル)がつづいている。

Source : WineNews


2012 年 7 月 9 日

上半期のワインオークション売上、前年比25%減

LONDON, ENGLAND - JANUARY 17:  An employee of ...

Image credit: Getty Images via @daylife

ワインオークションで有名な5つのオークションハウスであるAcker Merrall & Condit、Christie’s、Sotheby ‘s、Zachys、Hart Davis Hart Wine Co.。この5社の2012年上半期の売上は前年比25%減の1億6千万米ドルと、厳しい状況になっている。

Bloombergの分析によると、2011年と同じ業績を残すことは難しいとされている。2011年のワインオークションにおける売上は4億500万米ドル、特にボルドーのクリュが人気で高額な値段で落札されていた。しかし現在このクリュも価格が下がり、第二級のDeuxième cru、ブルゴーニュやローヌのワインに取って代わられる形になっている。

Source: WineNews


2012 年 6 月 20 日

ブルゴーニュの老舗ネゴシアン、不正疑惑で捜査

Pernand-Vergelesses, village vinicole de la Cô...

Pernand-Vergelesses, village vinicole de la Côte de Beaune (région de la Côte d’Or en Bourgogne – France) (Photo credit: Wikipedia)

ブルゴーニュで180年の歴史を持つネゴシアン(卸売商)のラブレ・ロワ(Labouré-Roi)がワイン詐欺事件の渦中にある。

ディジョン当局は今月初旬、フランス競争・消費・不正抑止総局(DGCCRF)とともに行ってきた18カ月にわたる調査に基づき、4人の身柄を拘束した。ニュイ・サン・ジョルジュにある同社では、コンピュータや多数の書類が押収された。

【続きを読む】

次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.