2014 年 11 月 12 日

イタリア発泡ワインの海外輸出、2014年は24%増に。

Italian sparkling wine

Italian sparkling wine (Photo credit: Wikipedia)

終わりの見えない経済危機や不安のなか、明るい話もある。イタリアの発泡ワインの輸出が前年比24%増、売上で3億5千万ユーロに上ることが、イタリア最大の農業団体Coldirettiの調べでわかった。

【続きを読む】


2012 年 10 月 9 日

スプマンテの売上、国内市場は冷え込むも海外輸出で好調続く

Prosecco

Prosecco (Photo credit: rdpeyton)

イタリアのスプマンテの売上は海外で引き続き順調で、2012年上半期は輸出量で6.6%、輸出額で9.2%増加した。ヨーロッパ圏内では輸出量は2%減少、輸出額で7%増加している。しかし特に需要が多いのがアジアで、2011年と比べ輸出量は200万本増加している。

【続きを読む】


2012 年 4 月 3 日

中国のスプマンテ消費、2011年は235%増

Prosecco di conegliano spumante extra dry and ...

Prosecco di conegliano spumante extra dry and a glass of cheaper canned prosecco frizzante. (Photo credit: Wikipedia)

中国では2011年のイタリアスプマンテ消費が3倍以上(235%増)に増えている。これはHurun Reportと共同で兴业银行が編集した、中国人の高級品消費レポートから明らかになったもの。現在中国には600万元(約7,800万円)以上の個人資産をもつ人が少なくとも270万人はいるとみられ、これらの人々が消費を押し上げていると見られる。

【続きを読む】


2011 年 11 月 11 日

プロセッコの生産量予測、2035年には現在の5倍に。

Prosecco

Image by rdpeyton via Flickr

プロセッコ地域は、2035年に生産本数が10億本に達するだろうと予測している。これは現在の生産量の約5倍となる数字だ。これは数日前に香港で開催されたWine Futureのカンファレンスで発表された。 現在プロセッコ地域は毎年約2億2千万本を生産している。

Bisol社のGianluca Bisol社長は、プロセッコを栽培しているヴェネト州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州が、この生産量増加に18億ユーロを投資する必要があるとしている。

Bisol氏は、消費者が高価なスパークリングワインを避ける傾向を示唆し、プロセッコの成長が可能だとしている。アメリカでは、この10年間でプロセッコの消費量が4倍に伸びている。Bisol氏は今後2年間で、プロセッコの生産量は2倍になると主張している。

Source : Decanter


2011 年 6 月 3 日

【アメリカ】2011年第一四半期のスパークリングワイン輸入量、イタリアがトップ。

Sparkling wine for two.

Image by zpeckler via Flickr

Italian Wine & Food Instituteの調べによると、2011年第一四半期のアメリカにおけるイタリアのスプマンテ輸入量は50,180ヘクトリットルで前年同期比53.8%増、輸入額は2975万ドルで48.9%増加した。輸入量でみるとアメリカへの輸出国トップとなる。

【続きを読む】


2010 年 12 月 20 日

イタリアの発泡ワイン生産量、フランスを抜く。

2010年イタリアでは3億8千万本の発泡ワイン(特にシャルマー製法のもの)が生産された。一方でフランスでは発泡ワイン(特にシャンパン)の生産本数が3億7千万本となり、生産本数で2位に転落した。スペインは3億2千万本(大半がカヴァ)の生産本数で3位となった。発泡ワインの主要生産量は以下の通り。全世界の総生産量は20億本を超える。

【続きを読む】


2010 年 7 月 12 日

偽造プロセッコに組合が法的措置検討。

ドイツでイタリアのプロセッコの偽造ワイン『プリセッコ』が同国で20年以上にわたって販売されていたことがわかった。これはコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ保護組合、プロセッコ保護組合が明らかにしたもので、これら2つの組合は“プロセッコ”という名称にまつわる問題を解決するべく行動を起こしている。また『プリセッコ』問題に関しては、すでに法的措置をとるため準備中である。

【続きを読む】

次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.