2010 年 2 月 15 日

英大手小売店マークス&スペンサー向けのスパークリングロゼが出荷差し押さえ

イタリアの関係当局は、イギリスの大手小売店マークス&スペンサーへ送られる予定だったスパークリングロゼ『Rosecco(ロセッコ)』の出荷差し止めを命じた。

【続きを読む】


2009 年 12 月 22 日

トスカーナのDOCGワイン3種とプロセッコがアメリカでプロモーションイベントを開催

トスカーナのDOCG、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、キアンティ・クラッシコ、ノービレ・ディ・モンテプルチャーノと、ヴェネトのDOCGコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スーペリオーレが『The Italian Wine Masters』と題し、シカゴとニューヨークでイベントを開催する。アメリカはこれら4種のDOCGワインを年間1億4,500万ユーロ分輸入している重要な市場。今回のイベントは、アメリカ市場との関係をより強固なものにすることを狙いとしている。シカゴでは、2010年2月1日にヒルトン・シカゴで、またニューヨークでは2月4日にウォルドルフ=アストリアでイベントが開催される。ブルネッロをはじめとする4種のDOCGワインを、140の生産者たちが業者やジャーナリストにむけて自社のワインを紹介。さらに理解を深めてもらうため、トスカーナの3種のDOCGは『ブルネッロ、キアンティ・クラッシコ、ノービレ・ディ・モンテプルチャーノの大地、多様性と複雑味』、プロセッコは『プロセッコ革命』と題し、テイスティングイベントを開催する。これら4種のDOCGワインは、イタリア全体の海外輸出量の12%以上を占めており、2008年にその売上は35億ユーロ(約4,550億円)に達した。

【続きを読む】


2009 年 11 月 16 日

イタリアの発泡ワイン:予測通りなら年末年始の売上は記録更新か

イタリアスプマンテフォーラムのジャンピエトロ・コモッリ代表が発表した年末年始の発泡ワインの売上予測によると、今年の輸出本数は3億4,500万本で、昨年と比べて輸出量で5%、輸出額で4%アップが見込まれている。

【続きを読む】


2009 年 6 月 15 日

プロセッコDOCがDOCGへ昇格。

現在DOC指定となっている、プロセッコ・ディ・コネリアーノ・エ・ヴァルドッビアーデネ地域が2009年ヴィンテージからDOCGへ昇格する。

プロセッコ組合長のジャンカルロ・ヴェットレッロ氏の公式発表によると、現在フリウリとヴェネトにあるIGT地域はDOCに昇格する。ヴェットレット氏は「IGTはあまりにも一般的すぎるため、より明確な位置づけをする必要がある。また現在、市場には様々な種類、価格帯のプロセッコが出回っており、この状況は多くの混乱を引き起こしている。これからは品質と価格の違いがより明確になるだろう。」と述べた。

【続きを読む】


2009 年 4 月 1 日

二酸化硫黄なしのプロセッコ。

アレルギーを持つ人、特にワインに含まれている二酸化硫黄(SO2)に敏感な人も楽しめるプロセッコがついに完成した。ヴェネトの有名ワイナリー、ビソル(Bisol)が二酸化硫黄に敏感なワイン愛好家のために生産した発泡ワインで、その名も『NoSO2』。

【続きを読む】

« 前ページへ

Produced by ©Alphanet s.r.l.