2014 年 1 月 15 日

Wine Entusiastが10 BEST WINE TRAVEL DESTINATIONSを公開

Orvieto, Umbria, Italia

Orvieto, Umbria, Italia (Photo credit: Wikipedia)

アメリカの有名ワイン誌Wine Enthusiastが2014年のWine Travel Destinationトップ10を発表した。有名なソノマやメンドーサのほか、新興の生産地といえるメキシコのバハやテキサス・ヒル・カントリーが挙げられているのも注目だ。

【続きを読む】


2013 年 11 月 6 日

世界の人気ワイン生産地トップ10(米ハフィントンポスト調べ)

Vineyard growing in the Canadian wine region o...

Vineyard growing in the Canadian wine region of the Okanagan Valley in British Columbia (Photo credit: Wikipedia)

ワインの生産地訪問は、ワインのテイスティングに留まらず、より広範囲なものになってきている。ここ10年で急激に伸びているワイン観光。世界中の多くのワイナリーでは、畑の見えるきれいなテイスティングルーム、ワイナリー訪問後にテイスティングを含めたディナーなど、訪問者により充実したサービスを提供するようになってきている。そんななか、世界で最も人気のワイン生産地をアメリカのニュースメディア『ハフィントン・ポスト』が調査した。

【続きを読む】


2013 年 2 月 11 日

イタリアのワイン観光、毎年5百万人が訪れる人気事業に成長

Wine tour (C)prob1tワイン観光が人気だ。イタリアだけで、毎年5百万人が訪れ、その売上は40~50億ユーロに上る。しかしそれでもまだまだできることは多いのだという。イタリアのワイン観光におけるパイオニアのひとり、ミラノのボッコーニ商業大学で観光についてのマスターコースで教鞭をとるマグダ・アントニオーリ・コリリャーノさんは、プーリアで開催されたバーリ大学におけるコンベンションでいくつかの提案を行った。プーリア州は先日、アメリカの人気ワイン誌Wine Entusiastの『10 Best Wine Travel Destination(世界のワイン観光地トップ10』で唯一イタリアから選ばれた地域である。

【続きを読む】


2010 年 11 月 17 日

ベスト・オブ・ワイン・ツーリズム2011発表

Best of Wine Tourism 2011今年で第8回目となる『ベスト・オブ・ワイン・ツーリズム2011』の国際部門の各賞が発表になった。これは、フィレンツェ、ボルドー、ビルバオ、クライストチャーチ、ケープタウン、マインツ、メンドーサ、ポルト、サンフランシスコ(ナパ・バレー)の9つの世界的なワイン生産地のネットワークで構成されるGreat Wine Capitalsがワイン観光発展のため毎年選出している。 【続きを読む】


2010 年 6 月 1 日

ワイナリーでのワイン直売が人気

イタリアでワイナリーから直接ワインを買う人が増えている。現在イタリアで直売を行っているワイナリーは21,624件で、売上総額は12億ユーロ(約1,350億円)に上る。これはワイン観光協会が主催するイベント『カンティーネ・アペルテ(Cantine Aperte)』で、イタリア最大の農業団体Coldirettiが明らかにしたもの。

【続きを読む】


2009 年 8 月 20 日

第1回イタリアワイン観光フェスティバル、10月にトレヴィーゾで開催

2009年10月23日から25日までの3日間、ヴェネト州ヴィチェンツァで第1回ワイン観光フェスティバルが開催される。これはPromovenetoがヴェネト州、ヴィチェンツァ県、トレヴィーゾ県の協賛のもと企画したもので、主要なワイン街道、各組合、観光協会などが参加し、一般また関係者にむけたワイン観光のプロモーション活動を行う。

【続きを読む】

Produced by ©Alphanet s.r.l.