2012 年 3 月 2 日

China Best Value Wine & Spirits Awards 2012結果発表

中国のインポーター、レストラン経営者、小売業者によって選ばれる『China BEST VALUE Wine & Spirits Awards 2012』が開催された。最高賞の“ダブルゴールド”を受賞した21のワインのうちイタリアワインは5つ、また“ゴールド”賞を受賞したイタリアワインは12本だった。
Info: www.chinawineawards.com
【続きを読む】


2012 年 2 月 21 日

世界的に低アルコール度数を好む傾向、中国では白ワイン消費が急成長

ワイン業界におけるマーケティング、リサーチ、ブランディングを行うWine Intelligenceが来月初旬に開催されるProweinにむけ、世界4カ国(イギリス、アメリカ、ドイツ、中国)で日常的にワインを飲む1000人を対象に調査を行った。これによると、今後ワイン市場で成功するためには、より低いアルコール度数であることが重要なようだ。

【続きを読む】


2012 年 2 月 20 日

イタリアの海外ワイン輸出過去最高に。

Wines for export

Wines for export (Photo credit: kattebelletje)

2011年イタリアワインの海外輸出が今回初めて40億ユーロを超えた。2010年から13%の増加となる。これはイタリア国立統計研究所(ISTAT)が2011年1月~11月までの貿易についてとりまとめたデータをもとに、イタリア最大の農業団体Coldirettiが分析を行ったものである。

【続きを読む】


2012 年 1 月 16 日

ワイン消費国第一位はアメリカ、中国はイギリスを抜き五位に

MIAMI, FL - JUNE 06:  Immanuel Dellepiane shop...

Image by Getty Images via @daylife

アメリカは2011年もワイン消費第一位となり、中国はイギリスを追い抜き5位となった。2位からは順番にイタリア、フランス、ドイツとなっている。

ViniexpoとInternational Wine and Spirit Research (IWSR)が12日に発表したデータによると、アメリカでは1年間に37億本が消費されており、香港を含む中国では19億本だったという。またIWSRは、2015年までにアメリカにおけるワイン消費はさらに10%伸びるとみており、これは大人一人当たりの年間消費量が約13リットルになる計算だ。

【続きを読む】


2011 年 12 月 19 日

ボルドーの中堅シャトー、中国人への売却続く

ボルドー地区では、中国の企業や実業家などによるシャトーの購入が続いている。今回売却された数か所のシャトーが位置するのはこの地域のなかでも最も景観の美しい場所の一つであり、シャトー間の距離はあまり離れていない。

【続きを読む】


2011 年 10 月 21 日

20年後は中国のワイン市場がトップに?アジア市場へ進出するヨーロッパ。

イギリスInternational Wine & Spirit Research(IWSR)社が発表した2011年のレポートにおいて、今後1年間で中国におけるワイン消費量はイギリスの消費量を超え、2016年には約30億本を消費、そして今後20年間のうちにワインのトップ市場になるという予測がなされた。

【続きを読む】


2011 年 7 月 14 日

世界のワイン生産量は減少、ワイン消費量は上昇。

Wine bottle, wine glass

Image by quinn.anya via Flickr

OIV(国際ブドウ・ワイン機構)の調べによると、2010年に世界のブドウ畑の総面積が0.8%減少したことに伴い、ワイン生産量は1998年のレベルにまで落ち込んだ(2億6,380万ヘクトリットル)。しかし世界のワイン消費量は0.4%上昇し(2億3,800万ヘクトリットル)、2007年から低下していた消費量を食い止めた形だ。5つの主要なワイン市場5カ国(アメリカ、ドイツ、オーストラリア、カナダ、中国)のなかでも、このわずかな成長率に貢献しているのがアメリカ、ドイツ、中国である。

【続きを読む】

« 前ページへ次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.