2011 年 9 月 19 日

2011年収穫:イタリアは猛暑で生産量が大きく減少も輸出は好調を維持

Tesoura de poda dentro de um cesto, numa vindi...

Image via Wikipedia

2011年、イタリアのブドウ収穫は、厳しい残暑と雨不足が続いたため収穫量が劇的に減少し、総収穫量は4,200万ヘクトリットルになるとみられている。これは前年と比べ10%以上下回る計算だ。これはISMEA(イタリア農業調査研究情報局)のデータに基づき、イタリア最大の農業団体Coldirettiが伝えた。

【続きを読む】


2011 年 8 月 23 日

【フランス】2011年収穫量予測、前年比6%増

grapes

Image by ryanovineyards via Flickr

すでに一部地域で収穫が始まっているフランスで、今年の収穫量予測が発表された。フランス農務水産省が発表した2011年収穫予測データによると、収穫量は4,700万ヘクトリットル以上で、前年比6%増が見込まれている。

うちAOP(前AOC:地理的表示つきワイン)ワインの推定生産量は2,300万ヘクトリットル、一方IGP(前ヴァン・ド・ペイ)ワインは1,360ヘクトリットルである。しかし農務水産省は、これからの気候の状況により、これらの推定値が下がる可能性もあるとしている。

ラングドック=ルシヨンでは抜根対策がとられ、同地のブドウ栽培面積は4%減少したが、2011年の収穫量は100万ヘクトリットル以上増えるとみられており、総収穫量予測は1,310万ヘクトリットルとなっている。

Source : WineNews


2011 年 8 月 12 日

ブルゴーニュのグラン・クリュ、来年から機械での収穫を完全に禁止。

Collecting Grapes...

Image by Alberto Ferrante via Flickr

ブドウの手摘みは、収穫後のブドウの高い品質を守ることができることは周知の事実だ。ブルゴーニュ・グランクリュ組合(Union des Grand Crus de Bourgogne) は、来年の収穫からブルゴーニュの5つの重要地域(ラ・ロマネ、ラ・グラン・リュ、ロマネ・コンティ、ラ・ターシュ、クロ・ド・タール)でブドウ収穫機の利用を禁止することを決定した。すでにこれらの地域では全体の95%が手摘みで行われているが、この動きは2014年までにブルゴーニュ全域に広がる見込みだ。

ドメーヌ・コント・リジェ・ベレールのオーナーで、ブルゴーニュ・グランクリュ組合代表のLuis Michel Liger-Belairさんは「重要なのは、我々が機械を使わないということを公式に宣言することだ。グラン・クリュの5%で未だに機械が使われていることは悪いイメージを与えている。もちろん手摘みによる収穫は若干コストが上がるが、品質は明らかに上だ。」と述べた。

Source : WineNews


2011 年 8 月 3 日

フランチャコルタで早くも収穫始まる。

Una vite della Franciacorta

Image via Wikipedia

今日8月3日から、公式に収穫が始まった。最初に収穫が行われるのはフランチャコルタ。ロンバルディア州ブレシアにあるワイナリーCastello Bonomiは、今年のブドウの出来はとても良いという。

【続きを読む】


2010 年 9 月 17 日

チンクエ・テッレ:悪天候でシャケトラのブドウ生産量が前年比50%減に。

チンクエ・テッレの有名なパッシート「シャケトラ」の原料となるブドウの収穫が始まった。しかし悪天候の影響で、今年の収穫量は前年の半分にまで落ち込みそうだ。

チンクエ・テッレ農業協同組合のマッテーオ・ボナニーニ代表は、シャケトラのブドウ生産減少を伝えた。「2009年は86キンタルの収穫量だったが、今年は2008年と同様40~45キンタルとなる見込みだ。」しかし、ブドウそのもののクオリティは高いものとなっているという。


2010 年 9 月 15 日

収穫の様子をインターネットで発信。

いまやワイナリーがオフィシャルサイトを持つことは当たり前となっているが、SNSやワインブロガーなどが増えるに従って、インターネット上で収穫状況のビデオを公開するワイナリーも増えてきている。

【続きを読む】


2010 年 8 月 18 日

フランチャコルタで収穫始まる。

フランチャコルタで今日から収穫が始まる。フランチャコルタ組合のマウリツィオ・ザネッラ代表は「今年のフランチャコルタは非常に素晴らしい出来。これからも量ではなく、高い品質を保ち続けたい。」と述べた。

【続きを読む】

« 前ページへ次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.