2010 年 5 月 3 日

2013年からの機内液体持ち込み制限解除でイタリア土産にも好影響?

欧州連合(EU)欧州委員会によると、2006年にテロ対策として開始された液体の機内持ち込み制限は、EU圏内の空港で液体分析スキャナーが導入されることを受け、2013年から廃止される予定だ。特にイタリアにとっては良いニュースだ。イタリア最大の農業団体Coldirettiによると、イタリアへやってきた外国人の2人に1人がイタリアの思い出としてワインやオリーブオイルを購入している。Coldirettiは、イタリアは現行の液体持ち込み制限で非常に不利な影響を受けている国のひとつだが、今後はまたお土産として多くのワインやオイルが空を飛ぶことになるだろうとしている。


2010 年 3 月 15 日

欧州連合:オーガニック製品の新しいロゴが決定

イタリア農林政策省のルカ・ザーイア大臣は、オーガニック製品専用の新しいロゴ表記についての法令が施行されることを正式に発表した。欧州連合の行政通達発表から7日後にこのロゴの表記が開始されるが、今年7月1日からは表記が義務付けられる。欧州連合のオーガニック製品ロゴの法規制化についての法案は、EU加盟国の代表団から好意的に受け入れられ、ブリュッセルの有機農業常任委員会で賛成多数で可決された。このロゴはアート、デザインを学ぶ学生から募った3,500の作品のなかから、オンライン投票で最終選考3作品を選出。最終的に全体の63%の投票を獲得したドイツ人学生の作品が選ばれた。

Source : TigullioVino.it


2009 年 12 月 16 日

欧州委員会:オーガニックワイン規定制定に関する審議始まる

欧州委員会は、世界的にもオーガニックワインの売り上げが市場の確固たる部分を占めていることを受け、より明確で正確な規定を定めるため動き出した。すでに今週から、欧州連合加盟国27カ国の専門家により、新規定制定にむけた審議が始まっている。

【続きを読む】


2009 年 8 月 3 日

欧州連合ワイン改革規定が正式に施行。

先週8月1日、ついに欧州連合の新ワイン規定が施行された。各機関の反応は以下の通りである。

【続きを読む】


2009 年 6 月 9 日

欧州連合、ロゼワイン規定の新改定案を却下。

守られたロゼワイン白ワインとロゼワインをブレンドしたロゼワインを認めるという、欧州連合(EU)のワイン規定改定案で、欧州委員会は昨日8日、これを取り消すことを正式に発表した。この改正案には特にフランスやイタリアが強く反対を唱えていた。ブリュッセルでの公式声明では、『ロゼワインの生産規定に関して一切の変更はない。』と発表され、ここ数週間に多くの生産者から寄せられた新改定案への懸念を考慮したと説明された。

【続きを読む】

Produced by ©Alphanet s.r.l.