2009 年 2 月 24 日

バローロの「芸術家」テオバルド・カッペッラーノ氏が逝去

Teobaldo偉大なバローロの作り手であり、自然派ワイングループ『Vini Veri(ヴィーニ・ヴェーリ:本物のワイン)』の創設者でもあったテオバルド・カッペッラーノ氏が2月20日夜、アルバの病院で亡くなった。65歳だった。同氏は伝統的なワイン製法を忠実に守り、また伯父が初めて考案した“バローロ・キナート”のオリジナル製法を受け継いできた人物である。

【続きを読む】


2008 年 1 月 22 日

“世界で一番セクシーなワイン”はバローロ?

ニューヨークタイムス誌のワイン評論家、エリック・アシモフ氏は、バローロが生まれるピエモンテの丘陵地帯が描く曲線は、美しい女性を思い起こさせ、またその香りとテイストが、“世界で一番セクシーなワインはバローロ”だと言うにふさわしいと語った。バローロはよくインテリのためのワインだと言われるが、その理由は、まだ若いバローロが持つ強いタンニンが、少し距離をおかせ、その意味を考えさせるからだという。

アシモフ氏によれば、おそらく世界でボルドーだけが、このバローロが持つ魅惑的で繊細な印象に似たものを与えてくれるだろうが、バローロほど強い印象を与えてくれるワインは彼にとっては他にはないと明言した。

**************************************************************************
以上は、19日付けのイタリアの新聞La Stampa紙が報じていたもので、他のブログサイトでは、La Stampa誌が誤訳しており、アシモフ氏は“セクシー”という表現は使ってはいない、ボルドーではなくブルゴーニュだ、という指摘もされています。
真相のほどは?

Produced by ©Alphanet s.r.l.