2011 年 4 月 22 日

イタリア国立ワイン委員会:3つのDOCGと3つのDOCを承認

vines

Image by SpecialKRB via Flickr

4月20日、21日に開催された国立ワイン委員会の会合で、ラツィオ州に2つのDOCGと1つのDOC、カンパニア州に1つのDOC、トスカーナ州にDOCGとDOCがそれぞれ1つずつ承認された。

【続きを読む】


2011 年 1 月 25 日

マルケ州のオッフィーダ、DOCGに昇格。

イタリア国立ワイン委員会は21日、DOCG、DOC、IGTの認可、修正申請が出されていた13のワインについて承認することを決定した。

マルケ州のDOC『Offida(オッフィーダ)』は、今回新しくDOCGとなることが承認された。DOCGとしての名称は『Terre di Offida(テッレ・ディ・オッフィーダ)』に変更される。

アブルッツォ州には、モンテプルチャーノ種をベースとしてつくられるDOC『Villamagna(ヴィッラマーニャ)』、赤、白どちらの種類もあるDOC『Ortona(オルトーナ)』が承認された。どちらも生産地はキエーティ県内となる。

規定修正が承認されたのは、マルケ州のDOC『Colli Maceratesi』、カラブリア州のDOC『Bivongi』、バジリカータ州のDOC『Terre dell’Alta Val d’Agri』、ロンバルディア州のDOC『Capriano del Colle』、トスカーナ州のDOC『San Gimignano』、『Val d’Arno di Sopra(Valdarno)』である。

Source : WineNews


2010 年 2 月 10 日

アリアニコ・デル・ヴルトゥーレ、DOCG昇格にむけ最終審議

バジリカータ州のアリアニコ・デル・ヴルトゥーレのDOCG昇格における最終的な審議が来週開かれる。

2月10日に農林政策省から抽選で選ばれたワイナリーのサンプルが分析・審議され、ワイン醸造家協会や国立ワイン試飲協会の代表などを含む国内の10人の専門家による試飲が行われる。また午後にはワイナリー見学ツアーなどが開催される。

2月11日はヴェノーザ県のピッロ・デル・バルツォ城でアリアニコ・デル・ヴルトゥーレのDOCG生産規定承認についての公聴会が予定されている。2月17日にはDOCG昇格のため申請された内容についてローマで国立委員会による最終審議が行われる。

Source: lucianopignataro.it


2009 年 11 月 27 日

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ:DOCGへ昇格か

イタリア国立ワイン委員会は、アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラをDOCGに昇格させることを決定した。

【続きを読む】


2009 年 6 月 15 日

プロセッコDOCがDOCGへ昇格。

現在DOC指定となっている、プロセッコ・ディ・コネリアーノ・エ・ヴァルドッビアーデネ地域が2009年ヴィンテージからDOCGへ昇格する。

プロセッコ組合長のジャンカルロ・ヴェットレッロ氏の公式発表によると、現在フリウリとヴェネトにあるIGT地域はDOCに昇格する。ヴェットレット氏は「IGTはあまりにも一般的すぎるため、より明確な位置づけをする必要がある。また現在、市場には様々な種類、価格帯のプロセッコが出回っており、この状況は多くの混乱を引き起こしている。これからは品質と価格の違いがより明確になるだろう。」と述べた。

【続きを読む】


2009 年 6 月 4 日

【マルケ州】2つのDOCがDOCG昇格へ向け最後の審査。

マルケ州のDOC、ヴェルディッキオ・デイ・カステッリとヴェルディッキオ・ディ・マテリカが今日4日、DOCG昇格のための最後の審査を受ける。特に問題がなければDOCGへの昇格が確実となる。

【続きを読む】


2009 年 5 月 12 日

3つのIGTがDOCに昇格。6つのDOCと1つのIGTが生産規定改正。

5月6日から7日にかけて行われた国立ワイン委員会での審議で、これまでIGTとして登録されていた『テッレ・アルフィエーリ(Terre Alfieri)』、『グロッティーノ・ディ・ロッカノーヴァ(Grottino di Roccanova)』、『モデナもしくはプロヴィンチャ・ディ・モデナ(Modena o Provincia di Modena)』がDOCに昇格することが決定した。

【続きを読む】

« 前ページへ次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.