2010 年 10 月 13 日

ガンベロロッソ『ヴィーニ・ディタリア2011』:トレ・ビッキエーリ獲得ワイン<Part8>

ピエモンテ州、ラツィオ州、モリーゼ州、バジリカータ州、カラブリア州のトレ・ビッキエーリ獲得ワインが発表されました。これで全ての州の獲得ワインが発表されたことになります。

【続きを読む】


2010 年 3 月 8 日

ピエモンテ州知事「“ピエモンテ”という統一名称を。」生産者や関係者「意味がない。」

市場における力を強め、海外にもっとピエモンテという土地をより知ってもらうため、DOCGとDOCを『ピエモンテ』という名前で統合しよう―:これはピエモンテ州のMercedes Bresso知事による発言である。「ボルドーのような唯一の名称が必要だ。こうすることでピエモンテ・バルベーラ、ピエモンテ・ドルチェットなどという名称を使うことができる。」

【続きを読む】


2010 年 2 月 16 日

ピエモンテ:ゴミ削減のため、大型スーパーが量り売りワインを提供

イタリアの大型スーパーは、ゴミを減らすため量り売りで洗剤やシリアルなどを販売している。これらの販売形態をいち早く取り入れたピエモンテ州が、今度はDOCワインの量り売りを始める。最初にワインを入れるボトルを購入することになるが、その後はそのボトルを店に持ち込み量り売りのワイン購入に再利用していく形だ。これはゴミを減らすだけでなく、消費者の節約にもつながる。このワインの量り売りは、ピエモンテ州のカルフール、コナッド、パノラマといった大型スーパーで実施されることになっている。昨日15日、最初のワイン量り売り機械がセッティモ・トリネーゼにあるパノラマに設置された。

【続きを読む】


2010 年 2 月 5 日

フォンタナフレッダ、亜硫酸塩削減に挑戦。

ワインには昔から酸化防止剤として亜硫酸塩(二酸化硫黄)が加えられている。ワインは酸化に弱い飲み物であるため、亜硫酸塩は紀元前のエジプト時代から使われており、有機ワインにも添加が認められている。しかし亜硫酸塩は頭痛を引き起こす物質としても知られている。

【続きを読む】


2010 年 2 月 1 日

ドルチェット・ディ・ディアーノ、DOCGに昇格

“ドルチェット・ディ・ディアーノもしくはディアーノ・ダルバ”が、1月27日に国立ブドウ栽培醸造委員会(Comitato Vitivinicolo Nazionale)で承認され、DOCGに昇格した。

【続きを読む】


2009 年 12 月 15 日

ピエモンテワイン通になれる?iPhoneアプリ

italian_wine1iPhoneアプリは今では数え切れないほど存在しているが、ワインに関するものはそれほど多くなく、イタリアワインに関してはとても少ないが、現在手に入るイタリアワインアプリのなかでも、今回はピエモンテワインに特化したアプリを紹介する。この『Italian Wine – Piedmont』は数ヶ月前に発売されていたが、最近行われたバージョンアップでかなり使えるアプリへと進化した。

【続きを読む】


2009 年 12 月 7 日

ワイン・スペクテイターによるピエモンテワイン評価

12月15日付のアメリカの有名ワイン雑誌ワイン・スペクテイターで、James Suckling氏をはじめとする専門家によるピエモンテワインのテイスティング結果が掲載されました。

【続きを読む】

« 前ページへ次ページへ »

Produced by ©Alphanet s.r.l.