2010 年 10 月 12 日

NHKの子育て紀行番組、エミリア・ロマーニャ州のワイナリーを取材。

Filed under: エミリア・ロマーニャ — vinovinovino.com @ 11:57 AM

NHKの子育て紀行番組『プラネット・ベイビーズ』が、「五感の英才教育」と銘打ち、エミリア・ロマーニャ州のワイナリーPodere Veccianoを取材した。

エミリア・ロマーニャ州立エノテカのジャンアルフォンソ・ローダ代表は「今回の番組に我々の州が選ばれたことをとても誇りに思っている。今回取材されたPodere Veccianoを通して、イタリアという国を紹介できることを嬉しく思う。ここ数年、我々が行ってきた様々な活動を通して、エミリア・ロマーニャ州のワインは世界的にも知られるようになってきている。プラネット・ベイビーズはワイン産業がイタリアのシンボルとして重要なものであり、我々の文化が家族というものと深く結びついていることを伝えている。」と語った。

今回のプラネット・ベイビーズの趣旨は、親たちの持つブドウ畑への情熱や感性が、ワイナリーという、ワイン生産を生業とする家族の中で育つ子供たちへどのような影響を与えるのかを発見しようというもの。Podere Veccianoはダヴィデ・ビグッチ氏が経営する典型的なイタリアの家族経営のワイナリーで、子供は3人、うち一番小さい息子は3歳だ。

取材クルーは約10日間にわたって、畑やカンティーナで作業を行う家族、そして屋外での生活を密着取材。自然と、特にブドウ栽培やワイン醸造と接点を持つ環境で生きる子供たちは、通常の子供たちよりも五感のより良い使い方を学んでいると番組は伝えている。

この内容は10月14日(木)21:30からBSハイビジョンで放送される。

Source : Teatro Naturale

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.