2011 年 5 月 16 日

【イギリス】政府が財政赤字削減のため所蔵の高級ワインを売却

Filed under: 海外 — vinovinovino.com @ 12:01 PM
Several vintages of Chateau Petrus at a wine shop

Image via Wikipedia

イギリス政府は、財政赤字削減のため、政府のワインセラーの貯蔵庫に保管されている高級ワインの売却を年内にも始める予定だ。国家行事用ににストックされたワインの総額はおよそ864,000ポンド(約1億1,300万円)で、シャトー・ラトゥール、シャトー・ラフィット、シャトー・マルゴー、シャトー・ムートン・ロートシルトなどの偉大なヴィンテージも含まれる。

英外務省は今年、セラーの在庫補充のコストをカバーするために5万ポンドを調達したい考えだ。ベリンガム外務政務次官は、今後、英政府は新しいワインを購入する資金として、所有の高額ワインを売却すると述べた。

このワインセラーはウェストミンスターにあるバッキンガム宮殿に近いランカスターハウスにある。18.29平米のセラー内にはワイン、シャンパン、ポートやシェリーなど様々な国家行事用に用意された、約39,000本のボトルが貯蔵されている。約100年の歴史をもつこのワインセラーへは、大臣と事務次官以外の立ち入りは厳しく禁じられている。

貯蔵庫運営については昨年6月から再検討が行われていたが、高級ワインを売却し運用することは、様々な式典で飲み物を提供する最も安価な方法であると判断した。ベリンガム外務政務次官は、今回の見直しにより、完全な自己金融効果を目差すとしている。

セラー内には2,500ポンド(約33万円)相当の1978年シャトー・ペトリュスや、1,000ポンド(約13万円)相当の1955年シャトー・ラトゥールもあり、傍には 「非常に特別な機会に飲むべき。すばらしいワインだ。少ないストックを急いで減らす必要はない。見事なクラレットのエッセンス。フレッシュで魅力的だ。」と書かれたメモがあった。また1975年のシャトー・パルメにも「実に古風なスタイルのクラレット。厳格さも感じさせる、リッチで優れたワイン」などと書かれていた。今のお金に換算して約30ポンドで購入された1961年のシャトー・ラトゥール1本の価格は、現在1万ポンド相当。また、名前は書かれていないがある英歴代首相が『シルキー』だと表現したシャトー・マルゴーは1,000ポンド以上で売却されると見られている。

英政府は非公式に、またオークションを通して貯蔵ワインの一部を売却する予定で、これにより大きな利益を得られると見られる。特殊法人のGovernment Hospitality Advisory Committee for the Purchase of Wineは昨年廃止されたが、ベリンガム外務政務次官によると、同法人のメンバーは必要に応じて、政府へワイン購入などに関する助言を続けていくという。

Source : The Telegraph, WineNews

 , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.