2012 年 3 月 15 日

トスカーナ州のワイン輸出、2011年は記録的な伸び

Filed under: トスカーナ — vinovinovino.com @ 5:57 PM
LocationItaly 1914

Image via Wikipedia

イタリア国立統計研究所(ISTAT)のデータによると、2011年トスカーナ州のワイン輸出が前年比12.2%増という記録的な伸びを見せた(イタリア全土では12.4%増)。売上高はヴェネト州に続き二位で6億5,900万ユーロ(約717億円)に達した。

DOP(保護原産地呼称)ワインも、2010年と比較すると売上量9.6%増、売上高9.9%増と好調だった。DOPワインの輸出国はアメリカ(1億4,600万ユーロ)、続いてドイツ(9,250万ユーロ)、カナダ(3,820万ユーロ)、イギリス(2,580万ユーロ)、スイス(2,550万ユーロ)などとなっている。また新興市場で最も大きな市場が中国(1,000万ユーロ)で輸出国第7位に上がってきている(2010年は第9位:490万ユーロ)。

トスカーナ州農業評議員のGianni Salvadori氏は「2010年の輸出額はすでに5億8,700万ユーロと好調だったが、2011年は輸出において過去五年間で最も良い結果を残した年となった。輸出額は6億5,900万ユーロを超え、従来の市場に加え新興市場でも良好な結果を残すことができた。」と述べた。またトスカーナ州のプロモーションを手掛けるToscana Promozione代表のStefano Giovannelli氏によると、ISTATのデータはプロモーション活動の賜物であり、数年前までフランスワインだけに需要が集中していた新興市場で、今後は成長が期待できるという。

Source : WineNews

 , , ,

コメントをどうぞ

認証用の文字が見づらい場合は、右のボタンを押し、再読み込みしてください。
*

Spam Protection by WP-SpamFree


Produced by ©Alphanet s.r.l.